自ら実践できる方法を紹介!不眠症の予防改善に役立つ2つのポイント

不眠症の予防改善イメージ

不眠症の改善のためには健康な心と体が大切

毎日の習慣を振り返ってみよう
不眠症の原因には様々なものがありますが、その中にはあなたの日常生活に関係するものも少なくありません。

つまり不眠症は毎日の生活を変えることで改善していくことができるのです。
特に注意すべきは生活習慣とストレスです。
あなたが何気なく見過ごしている毎日のゆがみが、不眠となって表れている場合があるのです。

こうした不眠症については、2つのポイントを実践することで徐々に改善させることができます。
不眠症は医師の治療のみで改善することが必ずしも容易ではないため、あなたも毎日の生活を見直してみましょう。

規則正しい生活を送る

現代人の中には生活習慣に大きな乱れのある人が少なくありません。
睡眠時間が不規則であったり、食事の栄養バランスが過度に偏っていたり、こういった乱れは不眠症につながる恐れがあります。
食生活と不眠症の関係では、アルコールやカフェインにも注意が必要です。

特に就寝の3時間程度前にこれらを摂取してしまうと、それが睡眠を妨げます。
特にカフェインは摂取後、5時間程度は体に作用するため、珈琲や紅茶が原因で眠れなくなるという人は少なくないのです。
夜はカフェインのないルイボスティーや麦茶を飲むと良いでしょう。

ストレスコントロール

ストレスと緊張は良質な睡眠の大敵です。
特に生活の中でストレスを感じることが多い場合、あなたが意識しないところで心に大きな負担がかかっているのです。
ストレスの原因には様々なものがあります。
それこそ職場環境、友人関係、仕事の進度、家族関係、過去のトラウマなど、実に様々なものがあなたの心を蝕みます。

こういったストレスについては、過度に溜め込む前に定期的な解消の場を設けてあげる必要があるのです。
ストレスの解消方法も人によりけりですが、趣味に没頭する、運動する、一人の時間を過ごすなど、自分に合った方法を見つけましょう。

また自分1人でストレスを解消するのが難しい場合は、カウンセリングを受けるなど専門家の助力を仰ぐのがおすすめです。

まとめ
以上のように、不眠症の予防改善は毎日の生活を見直すことで実現することができます。特に、すでに不眠症の治療を開始しているという場合は、あわせて毎日の生活バランスを整え、ストレスを改元する方法を模索していきましょう。

不眠症はあなたの心と密接な関係を持つ病気です。普段意識しない心の健康を、この機会に注意深く観察してみてください。あなたが当然と考えていた出来事が、心には大きな負担となっているかもしれないのです。

3段階で進める!不眠症の治療は長期にわたることを覚悟しよう

2019.05.13