手間とストレス削減!キャッシュレス生活の勧め、ただしデメリットあり

キャッシュレスイメージ

あなたもキャッシュレス生活でストレスから解放されよう

迅速な支払いがストレスを減らす
キャッシュレス生活というと、ミニマリストにも通ずるスタイリッシュなイメージがあります。

キャッシュレスとは、もちろん現金を持たずに支払いを済ませていくことを指しますが、実際のところこれは実現可能なのでしょうか。
以下では、キャッシュレス生活が実現できるか否か、またメリットデメリットを解説します。

結論としては、都会に住んでいるならば日常生活の範囲ではキャッシュレス生活が実現できるはずです。
しかし旅行などの際は必ず現金を持っておきましょう。

キャッシュレス生活は都会ならばできる

昨今はクレジットカードを利用できる場所が広がり、電子マネー交通系ICカードも普及しているため、キャッシュレス生活の土台は確かに整ってきています。
以下では、実生活で必要となる様々な費用が現金以外の方法で支払うことができるかをチェックしていきましょう。

  • 家賃・・・管理会社によってはクレジットカードでの支払いが可能
  • 光熱費・・・クレジットカードで支払い可能
  • 生活費・・・コンビニやスーパーの多くはクレジットカードが使用できる
  • 電車代・・・交通系ICカードで支払いが可能
  • ガソリン代・・・クレジットカードで支払いが可能
  • 飲食店・・・店による
  • 医療費・・・診察費は難しいが、薬代はクレジットカードで支払えるものも多い

以上にはもちろん例外もありますが、病院の診察費を除くと概ねの代金がクレジットカードもしくは交通系ICカードで支払うことができます。
家賃については管理会社との兼ね合いとなりますが、仮にクレジットカードが使えなくても毎月の引き落としにしておけば、現金の受け渡しで支払う必要はありません。

キャッシュレス生活のメリットとデメリット

キャッシュレス生活のメリットは日々の支払いにおけるストレスを減らすことができる点です。
いちいち1円単位で財布の中を探さなくとも、お釣りで財布が膨れるという恐れがないためです。
またクレジットカードは支払いが明細に残るため、支出を把握しやすくなる点も嬉しいでしょう。

一方で飲食店や診察費については、まだまだ完全にクレジットカードや交通系ICカードに対応していないとこも多いのが現状です。
そのため不意に入ったお店で現金しか受け付けていないという場面に出くわすことがあります。
このような場合にトラブルにならないためにも、最低限の現金は結局持っておく必要がるのです。

まとめ
以上のように、キャッシュレス生活を送ることのできる土台はどんどん形作られています。あなたも普段の支払いをクレジットカード交通系ICカードにまとめてみてください。細かい支払いのストレスから解放されることができます。

しかし現金しか受け付けていない店も確かに存在するため、カバンの中に最低限の現金を入れておくことでトラブルを回避することができます。

5,000円の節約も実現可能!クレジットカードの明細で無駄な出費を見抜く

2018.12.28