不安な人は読んでみて!iDeCoは資産を「運用」する必要ナシ

iDeCo資産運用イメージ

iDeCoではあなたが資産運用をする必要はない

運用はプロに任せる
iDeCoについては、投資としての側面が大きく着目されています。しかし、投資というと自分で資産運用をしなければならないのかと不安になる人も多いでしょう。
しかし、iDeCoの場合はあなた自身が投資活動を行う必要はありません。あなたが行うべきは、あくまで資産の一部を掛け金として提供することです。
こうして集めたお金をプロがあなたの選択した方法に沿う形で運用していくのです。

このようにiDeCoは忙しくても利用できる投資であり、節税対策なのです。

投資のハードルが高い人にこそ利用してほしい

昨今、年金に対する将来不安から投資の必要性が大きく取り沙汰されています。
そのためiDeCoについても投資としての側面が強調されているのです。
しかし、多くの人にとって投資は必ずしも身近な活動ではないでしょう。

むしろ投資について、ハイリスクで危険なものであると認識している人も少なくないはずです。
しかし投資といっても種類は様々です。
それこそ一日中パソコンの画面に張り付いて行うようなハイリスクハイリターンのものもありますが、あなたがほとんど手間をかけることなく行うことのできる方法も存在しています。
そしてiDeCoは確実に後者に該当する投資の方法です。

iDeCoの運用方法は大きく3つ

iDeCoにおける資産運用の方法は大きく分けて以下の3つです。

iDeCoの3つの種類
  1. 投資信託(国内株式、不動産投資、債券、外国株式など)
  2. 保険商品
  3. 預貯金

この中で最も着目すべきはやはり「投資信託」でしょう。
これこそまさにあなたが提供した資産を、あなたが選んだ投資手法に沿ってプロが運用していくものとなります。

あなたとしては間接的に投資を行っていくこととなります。
ただし、実際に運用の業務に携わるのはあなたではなく、プロです。

そのため投資について知識や経験を持たずともiDeCoを利用することができるのです。
ただしプロであっても投資に失敗することは当然あります。
そのため最終的にあなたが受け取ることのできる運用利益は元金を下回る恐れがあります。
一方で投資に成功すると、利益も大きくなります。

まとめ
以上のように、iDeCoは投資についての経験がない人であっても利用しやすい方法となっています。ただし、投資の方法自体をあなたが選択する必要がるため、可能ならば投資についての一般知識程度を持ち合わせておくと、あなたの計画に沿った形で資産運用をしていくことができるでしょう。

リスクの低い資産運用方法!iDeCoのメリット3つ

2018.12.28