60歳で2,000万円も夢ではない!iDeCoの受取額をチェックしよう

iDeCo年金積立イメージ

目指せ!60歳の時点で2,000万円の受け取り!

毎月の掛け金が鍵
iDeCoで投資をしていくと、60歳を過ぎた時点でそれまでの掛け金と運用利益を合わせた額を受け取ることができます。

そして、その額がどれほどのものになるかは、掛け金によるところが大きいのです。
当然ながら掛け金が大きければ大きいほど受け取る金額も大きくなります。
しかし毎月多額の資金を掛け金にまわすと、それだけ生活費が圧迫されてしまいます。

そこでiDeCoに利用する掛け金は、あなたの生活費の関係で無理のないものとする必要があるのです。
以下では、60歳の時点で2,000万円を受け取ることを目指した掛け金を紹介します。

最終的な受取額を左右する要素

冒頭でiDeCoの受取額は掛け金に大きく影響されると書きましたが、以下の2つも受取金額を大きく左右します。

iDeCoの受取額に影響するもの
  • 利回り
  • 運用期間

もちろん利回りは高いほど良く、運用期間は長いほどよくなります。
また運用益は当然ながら投資の結果に左右されます。
そのため、60歳の時点における正確な運用益を予測することは難しいのです。

それでもiDeCoは比較的リスクの低い投資ではあるため、元本が大きく損なわれる恐れは小さいということができるでしょう。

60歳で2,000万円を受け取るには毎月5万円を積み立てる必要あり

それでは、実際に60歳の時点で2,000万円を一時金として受け取ることのできるシミュレーションをしてみましょう。
運用期間は30年、利回りはリスクを小さくするために1%とします。

この前提で、毎月5万円をiDeCoに利用していくと、それだけで30年あれば1,800万円が貯まります
加えて、利回り1%の運用益で296万6,421円が貯まる計算となります。
これを合計すると、2,000万円を超えますね。

仮に毎月の積立額が3万円の場合は、最終的に1,200万円強を受け取ることができます。
毎月余裕があり、8万円を積み立てていくことができると、2,700万円弱を受け取ることができます。

このようにして、iDeCoに対して毎月使うお金を逆算すると、将来の資産を計画的に貯めることができるのです。
ただし、繰り返しになりますが生活費を圧迫してまで積立を行うのはリスクが高すぎます。あなたのできる範囲でiDeCoを利用しましょう。

まとめ以上のように、毎月5万円を30年間 iDeCoに回すことで、利回り1%であっても60歳の時点で2,000万円を受け取ることができます。大部分は積立自体の効果ですが、それでも追加で300万円近い運用益を得られるメリットは大きいでしょう。

これから投資を始める人に!NISAの仕組みと120万円の非課税枠

2019.02.14