運動をしよう!脂肪肝を予防改善するための運動について徹底解説

脂肪肝ウォーキングイメージ

運動不足が顕著な現代人

心と体の健康のためにも運動習慣を持とう
脂肪肝は肝臓に脂肪が蓄積するもので、生活習慣病につながる恐れを持ちます。

こうした脂肪肝は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れることで進行していくので、そこを整えるのが予防改善の第一歩です。
日々の食事を改善することはもちろんなのですが、それと同じくらい重要なのが運動習慣を確保することです。

忙しく働いていると、日々の中に運動を取り入れることが難しはずなので、簡単なものから始めていくのがおすすめです。
運動のコツを知り、あなたも脂肪肝を予防改善していきましょう。

まずは軽い運動から始めよう

運動習慣をもたない人は、自分が想像する以上に体がなまってしまっているはずです。
それこそ1kmないし3kmを軽く走ることすらできない場合もあります。
こうした体のなまりは日常生活の中では意識しにくいため、運動不足に気付きにくい要因となっています。

しかし、ここで無理をしてしまうと体を壊し、継続的な運動ができなくなる恐れがあります。
そのため運動は軽いものから始めましょう。

まずは週に2度~3度、30分程度のウォーキングから始めましょう。
腿を上げて、腕を振ることを意識して行うと、30分のウォーキングでも運動効果を実感できるはずです。

そしてウォーキングに体が慣れてきたら、徐々に走り始めるのがおすすめです。
ただしはじめから大きく呼吸が乱れるような強度で走る必要はないので、ウォーキングの延長程度でランニングを始めましょう。
その際は膝の痛みに注意してください。ひざに痛みがある場合は、ウォーキングに戻し運動を継続させるのが重要です。

食事の改善も同時に行おう

このように強度を求めず、自分に合った方法で運動を継続させることが大切です。
1日だけ激しい運動をするよりも、1年間簡単な運動を続けた方が脂肪肝を予防改善する効果は確実に高いためです。
その中で運動だけで改善できない部分は、食事のカロリーを減らして対応していきましょう。

糖質と脂質のとりすぎは脂肪肝を悪化させるので、それらを緑黄色野菜海藻類に置き換えるだけで食生活は改善できます。

まとめ
以上のように、運動を続けることは脂肪肝を予防改善する大きな効果を持ちます。運動は強度の高さを気にせず、あなたにできるものを継続することを心がけましょう。1日30分程度のウォーキングでも構いません。

こうして食生活の改善と合わせて運動を継続することで脂肪肝を予防改善することができます。

脂肪肝の医師相談

治療は医師のアドバイスを受けて行おう!脂肪肝の治療方法まとめ

富士フイルムの糖質ケアサプリメタバリアEX