迅速な治療のためにも!糖尿病の初期症状を見逃さないで

糖尿病の初期症状・足が痛むイメージ

初期症状こそ治療開始のサイン

糖尿病の初期症状は見過ごされやすい
糖尿病は足を切断する恐れもある非常に危険な病気です。

あなたも糖尿病で足を切断することになった事例を耳にしたことがあるでしょう。
糖尿病神経障害を併発することがあるため、それによって最終的に足を切断するケースがあるのです。

このような糖尿病は毎日の中にあらわれる小さな症状を見逃さず、早い段階で治療を開始する必要があります。
そうすることで、脚の切断に至る最悪のケースを回避することができるのです。

糖尿病の症状は毎日の中にあらわれる

糖尿病には小さいながらも初期症状があります。
そのため普段の生活の中でそういった小さな症状を見つけていくことは、糖尿病の治療を早い段階で始めることに繋がるのです。

一方で毎日の中の小さな症状を見逃し続けると、それだけ糖尿病は悪化していき、最終的に足の切断という最悪のケースに繋がる恐れがあります。
あなたは「糖尿病の場合は、初期症状が毎日の生活の中に表れるのだ」としっかり理解しておき、なるべく早く気が付くことができるように目を光らせていてください。

生活の中に表れる糖尿病の症状

糖尿病の初期症状としては以下のものが代表的です。

糖尿病の代表的な初期症状
  • 喉が渇く
  • 尿の回数が増える
  • 疲れやすくなる
  • ダイエットしていないのに体重が減る

見てわかるとおり、これらの初期症状は必ずしもすぐに糖尿病と結びつけることのできるものではありません。
それこそ「最近、仕事が忙しかったから疲れているのだろう‥」と疲れのせいにしてしまうことも少なくないものです。

特に忙しく働くサラリーマンは食生活が不規則になりやすいことから糖尿病にかかりやすいにもかかわらず、初期症状を疲れのせいにしてしまいがちなのです。
しかし糖尿病は合併症につながる危険性もあることから実に危険な病気です。

そのため上述したような症状が表れた場合は、安易な自己判断で解決せず、専門医の診察を一度は受けることをおすすめします。
また日頃から血糖値の高い人であれば、上記の症状で真っ先に糖尿病を疑うべきでしょう。

まとめ
以上のように糖尿病の症状は日常生活の中にしっかりと表れます。しかし、多くの人がそれをストレスや疲れのせいにしてしまうのも事実です。

糖尿病が最悪の場合は足を切断することに繋がるため、安易な自己判断は非常に危険です。上述したような症状が表れた場合は、すぐに専門医の診察を受け、糖尿病か否かをチェックしましょう。そうすることで、早い段階治療を開始し、合併症を避けることができます。

種類別に理解する必要アリ!糖尿病の1型および2型の原因

2019.02.23