自宅でできるものもある!睡眠障害を予防改善するための生活習慣

睡眠障害の予防改善イメージ

規則正しく、ストレスのない生活を送る

悩みすぎると逆効果
睡眠障害については体のメカニズムと心の状態が大きく関係しています。

そのため日々の生活を見直すことで、睡眠障害を大きく改善することが期待できます。
特に心の状態は睡眠障害の症状を誘発するため、日頃からストレスを軽減することのできる生活環境を整えておく必要があるでしょう。

あなたも自身の毎日を見直し、専門医の助けも得つつ自分の力で睡眠障害を解消していきましょう。

規則正しい生活で朝に太陽を浴びる

睡眠障害については、メラトニンというホルモンの分泌異常が原因となっていることが多いです。
メラトニンは脳から分泌されるもので、朝に太陽の光を浴びることで正常に分泌されます。
つまり日光を浴びない夜型生活になるとメラトニンが正常に分泌されず、入眠異常覚醒異常が起こるのです。

これを改善するためには、朝6時ないし7時には目を覚まし、しっかりと太陽を浴びる必要があります。
そのためには遮光カーテンではなく、光を透過させるカーテンを使うのもおすすめです。
そうすると自然とメラトニンが分泌され、適切な時刻に眠くなり、適切な時刻に覚醒できるメカニズムが整うのです。

また夜にもかかわらず脳と神経を過度の興奮状態にしないためには、眠る2時間前からパソコンスマートフォンなどの強い光を発する機器の使用を控える必要もあります。
そうすることで自然と副交感神経が優位の状態となり、体と心は自然にリラックスし、眠りにつくことができる状態が整うのですね。

ストレスを軽減する方法を見つける

睡眠についてはストレスの有無も大きな関係をもっています。
例えば家族関係や仕事について強いストレスがあると、それが思考を支配し、常に交感神経が高ぶった状態になり睡眠障害を誘発するのです。
また「今日も眠ることができないかもしれない」というストレスも適切な睡眠を阻害します。

ストレスの原因を全て生活の中から取り除くことは現実的ではないため、ストレスに対しては解消の機会を定期的に持つことを心がけていきましょう。
解消方法は人ぞれぞれ適したものがあるため、あなたに合ったものを見つけてみてください。
趣味に没頭するもの良いですし、誰とも会話しない日を作るのもおすすめです。

まとめ
このように睡眠障害はあなたの毎日の生活を見直すことでも改善していくことができます。規則正しい生活とストレスの軽減からはじめ、少しずつ適切な睡眠をとることのできる環境を整えていってください。

症状ごとに方法は大きく異なる!睡眠障害の治療方法をチェック

2019.03.18