腰への負担がかかる作業が一つの原因!椎間板ヘルニアのメカニズム

デスクワークと椎間板ヘルニア

原因を知って椎間板ヘルニアを避けよう

腰への負担に着目
椎間板ヘルニアは背骨の下部にある腰椎においてクッションの役割を果たす椎間板の組織が外に飛び出すものです。

そして飛び出した組織が神経を圧迫します。
このことにより椎間板ヘルニアは起こります。
そして、椎間板ヘルニアの根本的な原因は必ずしも一つに特定できるものではありません。

腰への負担がかかる作業が原因の一つとは言われていますが、強度の高い作業や運動がなくとも椎間板ヘルニアを発症する場合もあります。

最も根本的な原因は椎間板への負担や衝撃

椎間板ヘルニアの最も根本的な原因としては、やはり椎間板への負担や衝撃が挙げられます。
そのために椎間板が破損し、内部組織が飛び出してしまうためです。
人間は二足歩行をするため、腰への負担が常に発生しているといわれています。

この負担は歩くとき、走るとき、飛ぶときはもちろんのこと、眠るときや座るときでさえ発生しているのです。
このように私たち人間は腰への負担とは切っても切り離すことのできない存在なのです。
そのため椎間板ヘルニアは誰でもなる恐れもある病気ということができます。

必ずしも強度の高い作業や運動だけが原因ではない

強度の高い作業や運動があるとたしかに椎間板にも大きな負担がかかります。
そのためこういった負担が椎間板を損傷する恐れをもつのは間違いないことです。
しかし、必ずしも強度の高い作業や運動がなくとも、前述したとおり人間は生活するだけで腰に大きな負担がかかる構造を持っています。

昨今は長時間のデスクワークに従事する人も多いため、それも椎間板ヘルニアの大きな原因となっているでしょう。
特に椅子が体に合っていない場合は、座るだけで腰に非常に大きな負担がかかります。
そのため、椎間板ヘルニアを軽減するためには、仕事環境を見直すことも重要となってきます。

まとめ
以上のように椎間板ヘルニアは腰への負担のかかる強度の高い作業や運動を一つの原因としていますが、人間の体の構造上、普通に生活をしているつもりでも腰への負担は蓄積していきます。そのため、これといった大きな原因がなく椎間板ヘルニアを発症することもあるのです。

あなたも日々の生活を見直し、腰への負担には敏感になってください。そうすることで、長い目で見て椎間板ヘルニアを予防することができます。

椎間板ヘルニアMRIイメージ

MRIが最適!椎間板ヘルニアの検査診断は経験豊富な病院で

富士フイルムの糖質ケアサプリメタバリアEX