環境的要因に対処していこう!統合失調症の予防改善方法

統合失調症・予防改善・苦しむ女性イメージ

統合失調症は遺伝的要因と環境的要因をきっかけとして起こる

根本的な原因は判明していない
統合失調症幻覚妄想をはじめとした症状を持つ恐ろしい病気ですが、その根本的な原因が未だ判明していません。

そのため原因を把握して、それを日常生活から取り除くことで完全に予防することは難しいのです。
しかい、環境的な要因が一つのきかっけとなることはわかっているため、それを生活から取り除くことは可能です。

そして、そうすることで統合失調症を予防する可能性を高め、仮に症状が発症している場合は改善の可能性を高めることができます。
このように統合失調症には明確かつ確実な予防改善方法が存在しないのが現状ですが、少しでも予防改善の可能性を高めるために毎日の生活を見直していきましょう。

統合失調症のきっかけの一つと考えられている環境的要因

冒頭で触れたとおり、統合失調症の原因は未だ判明していません。
しかし、発症のきっかけとなる要因については次第に判明してきています。
それが以下の2つです。

統合失調症の2つの要因
  1. 遺伝的な要因
  2. 環境的な要因

この中で、遺伝的な要因については後天的にどうすることもできません。
一方で、環境的な要因については生活の中で注意を払うことができます。
そのため統合失調症を予防改善しようとする際は、まずはあなたが身を置く生活環境を改善していく必要があるのです。

環境が大きく変わる時期におけるストレスに注意

統合失調症における環境的要因としては、生活環境の変化がよく挙げられます。
それこそ進学、就職、卒業、結婚、出産といった人生の節目に統合失調症を発症することが多いのです。
これらは必ずしも避けることのできるものではありませんが、その際のストレスにあらかじめ対処することはできます。

変化の時期には強いストレスを感じるものであると理解しておき、ストレスを解消する術を用意しておくのです。
ストレス解消法は人により様々であるため、あなたに合ったものを見つけ実践してください。

まとめ
以上のように統合失調症予防改善するためには、日常生活におけるストレスに着目する必要があります。特に環境に大きな変化がある人生の節目におけるストレスには要注意です。
ストレスの改善方法に正解はないため、あなたに最も適したものを見つけ、それを定期的に実践していきましょう。そうすることで統合失調症を回避できる可能性が高まります。

入院する場合もあり!統合失調症に対する治療の現状

2019.04.15