現代人の多くが抱えている!高血圧の特徴を知ろう

貧血対策レバー

気づきにくいわりに恐ろしい貧血

貧血は心肥大につながる
貧血は体内の栄養素が不足することで、体内が酸素不足に陥るものです。

その結果、心臓は全身の酸素不足を解消しようと過度に働き、大きな負担を受けます。
そして最終的には心肥大の恐れすら生まれてしまうのです。
このように貧血は地味な病気と思われがちですが、放置しておくことで命にかかわるリスクにつながります。

そのため貧血は早期に治療を開始し、並行して日々の生活の中で予防改善していく必要があるのです。
あなたの疲れや頭痛は貧血のせいかもしれません。
ぜひとも治療方法をチェックし、早期に医師のもとを訪れてください。

頭に手を当てる女性の片頭痛イメージ

現代人に増えている!片頭痛の特徴を知って、備えておこう

薬物療法

貧血が過度の場合であり、日々の食生活で改善していくことが難しい場合は、薬物療法が用いられることがあります。
貧血の7割ほどを占める鉄欠乏性の貧血については、鉄剤(造血剤)が用いられます。
この鉄剤は以下のような特徴をもっています。

鉄剤の特徴

  • 特徴:吸収しにくい鉄分を直接補う
  • 効能:鉄欠乏の状態を解消
  • 副作用:胃腸障害

鉄剤は基本的に食間に服用していきます。
そもそも鉄分は他の栄養素に阻害されて体内に吸収されにくいものなので、食事と食事の間に鉄剤を服用することで効率的な鉄分の補給が可能となるのです。
昨今の鉄剤は昔に比較して副作用も少なくなりましたが、胃腸の不快感や痛みを伴う場合があります。

食事療法

このように鉄剤は貧血の治療につながりますが、結局のところ毎日適切な献立で食事から鉄分を摂取することで、長い目で見て貧血を予防することができます。
しかし、週に1度だけ鉄分の豊富な食事をしても高い効果は期待できないため、毎日なるべく鉄分の豊富な食材を摂取するように心がけていきましょう。

貧血を改善する食材には以下のものがあります。

貧血を改善する食材

  • レバー(牛、豚、鶏)
  • 豚もも肉
  • カツオ
  • イワシ
  • きくらげ
  • 牡蠣
  • 赤貝
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • みかん
  • メロン
  • 牡蠣

これらを積極的に摂取して、バランスの良い食生活を心がけることで貧血を治療することができます。
くれぐれもコンビニやスーパーのお惣菜ばかり食べないよう注意してください。

まとめ
以上のように、貧血の治療については鉄剤を利用した薬物療法と食事療法が用いられます。鉄剤には副作用もあるため、原則としては食事に注意することで貧血を治していくことが求められます。貧血に高い効果を発揮する食材を使い、自宅で料理したものを食べる習慣を身に着けましょう。
高血圧の基準イメージ

現代人の多くが抱えている!高血圧の特徴を知ろう