明細をチェックする習慣付け!クレジットカードの不正使用を見抜くコツ

クレジットカード不正利用確認明細イメージ

不正請求は迅速に対処

明細をチェックする習慣を持つ必要性
最近、クレジットカードの情報流出による不正使用の話をよく耳にします。

そもそも不正使用が起こると、カード会社はどんな対処をして、またあなたはどんな方法で不正使用を見つけていく必要があるのでしょうか。
クレジットカード会社であっても、全ての不正使用を見抜くことができるわけではありません。

そのため不正使用については、あなたも普段から鋭く目を光らせておく必要があるのです。
最も効果的な手法は、明細を細かくチェックすることです。

不正使用を見つけるためには明細のチェックが大切

あなたが持っているクレジットカードの不正利用についてはカード会社も目を光らせています。
万が一、不正使用があった場合はカード会社からあなたに対して「●月●日に●●●というお店で●●●円の利用をされましたか?」という確認の電話がかかってきます。

そこであなたの身に覚えのない請求の場合は、カード会社が入っている盗難保険を利用して補償がなされます。
つまり不正使用についての代金をあなたが支払う必要がなくなるというわけです。
当たり前といえば当たり前のことですが。

ただし不正使用の申し立て期限については60日程度と期限が決まっていることが多くなっています。
つまり普段から明細をチェックする癖をつけておくことで不正使用に素早く気づくことができるわけです。

特に普段の支払いを全てクレジットカードで行っているような場合は不正使用に気づきにくくなってしまいます。
あなたも細かなものも含めて明細をチェックしていきましょう。

不正使用はよく確認しよう

あなたも経験したことがあるかもしれませんが、クレジットカードの明細を確認していると知らない会社からの請求が目に飛び込んでくる場合があります。
そこで確認をせず不正使用と断定してしまうと、カード会社に迷惑をかける恐れがあります。

というのも、あなたが気づいていないだけで実際にあなたが使用した分かもしれないためです。
以下のような場合は不正使用と誤認しやすいため注意しましょう。

誤認しやすいもの
  • 店舗名と会社名の違い
  • 利用日と請求日の違い
  • WEBサービスの請求元が海外

一見すると不正使用に思えますが、実はあなたが使っていたというパターンに該当するものです。
そのため不正使用らしき請求を見つけた場合も念のために確認するのがおすすめです。

まとめ
不正使用
が見逃されると、あなたの大きな損失が発生します。そのため日頃から明細を細かくチェックし、不正使用に早期に気づくことのできる環境を作っておきましょう。

しかし不正使用と思ったものが、実はあなたの使用だったというケースもあるため念のための確認は常に必要です。