偶然発見されることもある!心臓弁膜症の検査診断

心臓弁膜症の健康診断イメージ

症状がわかりにくいからこそ重要な健康診断

簡単な検査でわかる場合もある
心臓弁膜症は心臓の弁が本来の機能を果たせなくなる病気であり、最終的には全身に血液が巡りにくくなり失神してしまう恐れもあります。

心臓が人体にとって非常に重要な臓器であることを考えると、心臓弁膜症は早期に発見すべきでしょう。
しかし心臓弁膜症は症状から見抜くのが非常に難しくなっています。
そのため検査診断の方法を知っておくのが有益なのですね。

そして心臓弁膜症の検査は必ずしも大掛かりなものとはなりません。
つまり定期的な検査を受けて、心臓弁の状態を確認するのは万人におすすめなのです。

症状との関係で検査の要否を確認

心臓弁膜症の症状には以下のようなものがあります。

心臓弁膜症の症状
  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 息切れ
  • 動悸
  • 胸の痛み
  • 足首のむくみ
  • めまい
  • 失神

失神などは非常に重い症状となりますが、その他の症状は必ずしも心臓弁膜症固有のものではありません。
つまり上記の症状が起きた時点で、心臓弁膜症だと気づくのは非常に難しいのです。
そこで検査と診断が重要になります。
ただしやみくもに検査診断をしても費用がかかるだけなので、上記の症状を念頭に置きつつ検査診断の要否を確認していきましょう。

心臓弁膜症の検査診断方法

心臓弁膜症の検査診断方法には以下のものがあります。

心臓弁膜症の検査診断
  • 聴診器による心音検査
  • 超音波検査
  • CT検査
  • MRI検査

このように聴診器で心音を聞くだけで心臓弁膜症の疑いを得ることができるのです。
もちろんある程度、熟練した医師の手による必要がありますが、聴診器で確認できるのは嬉しいですね。
一般的には患者から症状を聞き、聴診器を使用した後に確認の意味も込めて超音波検査、CT検査、MRI検査を用いていきます。

そうすることで心臓弁膜症を確定させることができるのですね。
検査診断は診察料込で2,000円~5,000円程度で受けることができます。
上記の症状に覚えがある場合は、一度は検査診断を受けてみるべきでしょう。

まとめ
以上のように心臓弁膜症の検査診断にはあなた自身で症状を理解しておく必要があります。そうすることで、症状を問診時に話すことができ、検査で病気を確定することができるのです。

心臓弁膜症は心臓の異常であることから、大きな危険を伴います。そのため病気を早期に発見し、適切な治療を行っていく必要があります。それが実現できるといつまでも健康な心臓を守ることができるのですね。

動脈硬化との関係が深い!心臓弁膜症の予防改善

2019.05.30