低血圧との見分けに注意!貧血の症状はめまい、頭痛など幅広い

貧血の諸症状

低血圧と勘違いされやすい貧血

幅広い症状
貧血は鉄分やビタミンが不足することで、血液が全身に酸素や栄養素を届けることが難しくなるものです。

このような貧血には、特有に目立つ大きな症状がないことが多いです。
しかし貧血状態が慢性的に続くと、心臓は全身に酸素を供給しようと過剰に働くようになり、心肥大の恐れがあります。

つまり自身が貧血の状態にあるか否かはなるべく早期に発見する必要があり、慢性的なものの場合は治療が必要となるのです。貧血の症状は見抜きにくいものも多いので、普段から注意していきましょう。

貧血なのか、低血圧なのか

貧血の症状というと、めまい、ふらつき、失神などを思い浮かべる人も多いでしょう。
しかし、これらはどちらかというと低血圧のせいで上半身の血液が不足することで起こりやすいものです。
つまり低血圧の症状なのですね。

これに対して貧血の症状は以下のものが代表的です。

貧血の症状

  • 倦怠感
  • だるさ
  • 疲れやすさ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 朝起きることができない
  • 動悸

動悸と脈拍

ドクンドクン!本当は怖い動悸の特徴

睡眠障害で悩む女性イメージ

国民の4人に1人!身近な病である睡眠障害の特徴を知る

頭に手を当てる女性の片頭痛イメージ

現代人に増えている!片頭痛の特徴を知って、備えておこう

取れない疲れ・倦怠感女性イメージ

馬鹿にできないリスク!倦怠感の特徴を知って、体を労わろう

いずれも理由なく起こっているように感じることも多いです。
特に忙しく働いている場合は、単なる疲れのせいだと考えてしまうため注意が必要です。
あなたが疲れのせいだと気にしないふりをしている諸症状は、実は貧血のせいなのかもしれません。

妊娠中の女性は貧血に要注意

このように一見するとわかりにくい症状をもつ貧血ですが、妊娠中の女性は特に注意をする必要があります。
そもそも妊娠中は体内の血液が不足しやすくなり、また妊娠中に貧血が起こると出産時の出血が増える恐れがあるためです。
さらに産後の回復の遅れ、母乳を作りにくくなるなどの症状を伴うこともあります。

このような貧血を防ぐためには、栄養素をバランスよく摂取することが何よりも大切です。
妊娠中は食べられなくなるものも増えますが、胎児および自身の体のためになるべく様々な食材を摂取していきましょう。

貧血は鉄のみならずビタミンの不足によって起こることもあるため、鉄分だけを重点的に摂取しても貧血を起こす恐れがあります。
やはり様々な食材から満遍なく栄養素を摂取していく必要があるのです。

まとめ
以上のように貧血の症状は低血圧と勘違いされやすい特徴があります。貧血の症状自体は単なる疲れとの誤認も多いため、理由のないだるさや頭痛が長く続く場合は一度貧血を疑ってみましょう。特に妊娠中の貧血は母体と胎児に悪影響を及ぼすこともあるため、普段から様々な栄養素をバランスよく摂取しておく必要があります。
鉄分の多いアサリの画像

鉄不足がメインだが他の栄養素にも注意!貧血の原因を知ろう