リスクの低い資産運用方法!iDeCoのメリット3つ

iDeCoメリットイメージ

iDeCoにある3つのメリット

特にリスクが低い点に注目
iDeCoは大まかにいうと、あなたの資産をあなたが選んだ方法に沿ってプロが運用していくものです。そのため大きく分けて以下の3つのメリットを持ちます。
iDeCoの3つのメリット
  1. 少額から投資ができる
  2. あなたが実施に投資をする必要がない
  3. リスクが低い

以下ではそれぞれのメリットについて説明していくので、iDeCoのメリットを適切に把握してくださいね。

少額から投資ができる

iDeCoは毎月5,000円の掛金から始めることができます
そのため年間で必要となる最低元金は6万円です。
一般的に株式投資にしろ不動産投資にしろ、6万円の元手で始めることは難しくなっています。
それに対して、iDeCoは少額で始めることができるところに大きなメリットがありますね。

これから投資を始めたいと考えている人にiDeCoはぴったりです。
小さな額から実際の投資を行うことができるため、入門的な方法ということもできます。

あなたが実施に投資をする必要がない

またあなたはiDeCoを利用して間接的に投資を行うことはできますが、実際の投資活動を行う必要まではありません。
つまり、あなたが行うのは資産の提供と、運用方法の選択のみなのです。
投資活動自体はそれに沿ってプロが行っていきます。

この点もiDeCoの大きなメリットでしょう。
こういった投資の方法としては一般的な投資信託も同じ特徴を持っています。
一般的な投資信託とiDeCoの大きな違いは、利益がああなたに戻されるのが60歳以降か否かという点です。

iDeCoは原則として利益を戻すのが60歳以降となるため、年金としての機能も持ちあわせているのです。
つまりiDeCoはあなたが自由に投資方法を選べる投資信託であり、かつ年金でもあるというハイブリッドな資産運用方法です。

リスクが低い

iDeCoの3つ目のメリットは、リスクの低さです。
これは投資信託という方法によってもたらされる効果です。
一般的に投資信託においては、あなたが提供した資産が様々な投資対象に振り分けられます。
そのため一つのリスクによって資産の全額が消えるという恐れがありません。

こういった効果を少額から得られる点もiDeCoの嬉しいポイントです。

まとめこのようにiDeCoには大きく分けて3つのメリットがあります。これからは投資をこれから始めたいという人にとって特に嬉しいものです。あなたも将来の資産のために、iDeCoを利用して投資を始めてみてください。

元金割れのリスクあり!iDeCoのデメリット3つ

2018.12.18