セルフチェックあり!貧血の検査診断は自宅もしくは病院で

貧血の血液検査イメージ

貧血は症状がわかりにくいため検査診断で早期に見抜く

まずはセルフチェックから
貧血の症状には、理由のわからない倦怠感、肩こり、頭痛などがあります。

これらは多くの場合、単なる疲れのせいにされてしまうため貧血に結び付けられることが少ないのです。
しかし貧血は慢性化することで心臓に大きな負担をかけます。
そして最終的には心肥大となる恐れもあります。

取れない疲れ・倦怠感女性イメージ

馬鹿にできないリスク!倦怠感の特徴を知って、体を労わろう

そのため貧血はセルフチェックと病院での検査診断を利用して、早いうちに見抜かなければならないのです。
あなたも理由のない頭痛や肩こりに長く悩まされているのであれば、まずは貧血を疑ってみましょう。

貧血のセルフチェック

はじめに貧血をセルフチェックする方法をみていきましょう。
もちろんあくまでセルフチェックなので、医学的根拠に基づいた専門的な診断にはなりませんが、貧血が症状から判明しにくい以上は有益です。

以下に該当するものが1つでもある場合は、一度専門医の診察を受けることをおすすめします。

貧血セルフチェック事項

  • 現在ダイエットをしている
  • 外食や市販のものを食べることが多い
  • インスタント食品や冷凍食品をよく食べる
  • 疲れやすい
  • 理由のないだるさがある
  • めまいと立ち眩みがある
  • 階段や坂道で動悸がする
  • 爪の色が白っぽくて、割れやすい
  • 朝なかなか起きられない

これらは貧血に伴う症状である場合が多いです。
あなたが疲れのせいだと感じているものが、実は貧血のせいかもしれないのです。
特にダイエットとバランスの悪い食生活は貧血に結び付きやすくなります。
普段の生活の中で注意していきましょう。

血液検査

貧血は血液検査によって診断されることも多くなります。
セルフチェックで貧血の恐れがある場合、専門医のもとで血液検査を受けることで貧血の度合いを知ることができるのです。

血液検査では以下の数値について確認していきます。

血液検査のチェック項目

  • 赤血球数
  • ヘモグロビン濃度
  • ヘマトクリット値

いずれを確認する血液検査も日帰りで受けることができ、診察料とあわせて3,000円~4,000円程度となります。
そのため体への負担も財布への負担もほとんどないので、貧血の疑いがある場合は積極的に検査を受けましょう。

まとめ
以上のように貧血セルフチェックと血液検査で見抜いていくことができます。理由のない倦怠感頭痛を感じている場合は、疲れがたまっているのではなく、体内で必要な栄養素が不足して貧血になっているのかもしれません。早期に検査を行い、治療に着手していきましょう。
貧血の食事改善で初鰹イメージ

毎日の料理が何より大切!貧血を予防改善するおすすめの食事