サラリーマンが始める!iDeCoで節税スタート

iDeCoには節税効果がある

節税効果に着目
iDeCoは個人が自由に掛金と運用方法を決めることのできる年金制度です。
年金制度というと、最終的に受け取ることのできる金額にばかり目がいってしまいますが、iDeCoには節税の効果もあります。
これからの時代、サラリーマンであっても適切な形で節税を行い、自分の資産を守っていく必要があります。

そのためiDeCoを利用して将来に備えつつも、節税をしていくことが重要となります。
以下ではiDeCoの実質的な節税効果を説明していきます。
節税となる額に注意しつつ、iDeCoの利用を検討する材料としてください。

掛け金の額を控除することができる

iDeCoによる節税は、あなたが毎月が支払う掛金を、確定申告を経て所得控除に利用することで実現することができます。
つまり毎月5,000円の12か月分として、1年で60,000円iDeCoの掛け金として利用することで、それに応じて支払うべき所得税が低くなるのです。

一般的な目安としては、年間12万円をiDeCoに使うことで、年間2万円強の節税ができる計算となります。
年間2万円ときくと大したことがないと思うかもしれませんが、掛け金の額が大きくなればなるほど節税効果も高まります。

また仮に年間2万円であっても、20年間続けることで40万円の節税となります。
現在の預貯金の利息は平均すると0.02%程度です。
そのため20年分の掛金240万円を銀行に預けておいて利息を得るよりも、iDeCoに使用して節税の効果を得る方が遥かに得であるということができます。

サラリーマンこそiDeCoを利用しよう

このようなiDeCoは2017年に加入対象者が広くなるよう変更がされて、全てのサラリーマンが利用できるものとなりました。
つまりサラリーマンの節税方法が増えたのです。

そのためiDeCoはサラリーマンにこそ利用してほしい節税方法となっています。
手間としては、運用方法を決めるものと確定申告をする必要が発生する程度です。
運用利益については、実際の運用成績により異なりますが、iDeCoにはそもそもの節税効果があるという点をおさえておきましょう。

まとめ
このようにiDeCoを利用することで、サラリーマンであっても確実に節税の効果を得ることができます。この先、節税投資を利用してあなたの将来の資産を守る必要性は高くなっていきます。

早い段階でiDeCoについての知識を備え、不透明な時代の将来に備えていきましょう。そうすることで、あなたの豊かな生活を守ることができます。

不安な人は読んでみて!iDeCoは資産を「運用」する必要ナシ

2018.12.16