VISA派?JCB派?Master派?クレジットカードのブランドごとの特徴まとめ

クレジットカードVISA・Master・JCBイメージ

VISAなどのマークは決済システムを示している

国際ブランドはしっかりと選ぶべき
クレジットカードには、VISA、JCB、MasterCardなどのマークがついています。

これらはカードが会社を示すものではなく、あくまでどの決済システムを利用することができるかを示すものです。
そして、これらのマークは国際ブランドと呼ばれています。

普段あまり意識しない国際ブランドですが、マークが違うことによりクレジットカードを使うことのできる場所が異なるため注意が必要です。
極端な例を挙げると、海外旅行にクレジットカードを持って行ったは良いものの、現地に使える店が少なかったということがあり得るのです。

どのお店で使えるかを左右する国際ブランド

クレジットカードを使うことのできるレジに複数の国際ブランドのマークが貼り付けられているのを、あなたも一度は目にしたことがあるでしょう。
VISA、JCB、MasteCardとはクレジットカードの決済システムを提供している会社のことであり、全てのクレジットカードがどこかしらの会社の決済システムを使っています。

そうであるからこそ、クレジットカード決済が実現できているわけですね。
日本にいると実感しにくいですが、国や地域によっては特定の国際ブランドしか利用できないことも少なくありません。
そのためクレジットカードを作るときに国際ブランドを選ぶことは意外と大切なのです。

日本で使うならJCB

JCBは日本生まれの国際ブランドです。
そのため日本国内では無類の利便性を誇っています。
また日本からの観光客が多い地域でもJCBを使える店が多くなっています。
このように日本を基準として活動する場合。
JCBのクレジットカードを持っておくと便利でしょう。

一方で世界的にみるとJCBの加盟店は必ずしも多いわけではありません。そのため外国ではJCBを使うことのできない地域も多いのです。

VISAとMasterCardは世界で使いやすい

VISAMasteeCardはいずれもアメリカ発の国際ブランドです。
そして世界的な加盟店の数はVISAが一位、MasterCardが二位となっています。

このようにVISAMasterCardは世界で使いやすいクレジットカードとなっています。
日本人があまり訪れないような国を旅行するのが好きならばどちらかを持っておいて損はないはずです。

まとめ
以上のように、国際ブランドはクレジットカードが利用する決済システムを示すものであり、国や地域によって利便性が異なります。日本であればJCBが強いですが、世界的にみるとVISAMasterCardが強くなっています。

クレジットカードの利用目的に合わせて国際ブランドを選んでみてください。