EDは治療できる!薬物治療と根本原因の治療が重要

勃起不全の薬物療法イメージ

バイアグラもED治療の一環

問診から原因を特定して、適切な治療を行う
現在、多くのEDは治療ができます。

そのためEDの治療を開始せずに先延ばしにするリスクは非常に高いといえるでしょう。
それこそプライド羞恥心が邪魔をして治療に着手せずにいると、それだけ改善の見込みも薄くなる恐れがあるのですね。

今回はEDの治療方法について紹介するので、あなたも治療を早期に開始しましょう。
治療については薬物治療が基本的なものとなります。
その上で高血圧糖尿病といった病気からEDになっている場合は、それらの根本的な病気も治療していくことになります。

合併症の恐怖!恐ろしい糖尿病の特徴を知って治療に活かそう

2019.02.23

薬物治療

EDの治療に際しては薬物治療が主に用いられます。
そして使われる薬剤には以下のものがあります。

勃起不全治療薬
  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

これらは非常に代表的なED治療薬となります。
しかし、いずれも性的興奮を無理に起こすものではありません。
あくまで性的興奮があった際の勃起をサポートする薬です。
またそれぞれの薬で効果持続時間も作用が始まるまでの時間も異なります。

簡単にまとめるとバイアグラレビトラは効果持続時間は5時間~10時間と比較的短いですが、その分満腹時に服用すると効果が薄れます。
一方でシアリスは効果持続時間が30時間以上と長いですが、バイアグラレビトラほどの強い効果はないと言われています。

このようにED治療薬といっても特徴には違いがあります。
そのため問診からあなたのEDの状態を正確に把握し、あなたに合った治療薬を服用していきましょう。

ED治療薬はクリニックで処方してもらう

昨今はインターネットを利用してED治療薬を海外から取り寄せることもできます。
しかし海外からの個人輸入には安全性の面でリスクがあります。
そのため、はじめてED治療薬を使う場合は専門のクリニックで処方を受けましょう。

その方が万が一薬が合わなかった場合に迅速な治療を受けることができます。
またED治療薬には副作用があり、食べ合わせができないものもあるためやはり医師からの処方を受けた方が安心です。

まとめ
以上のようにEDの治療は主に薬物を用いて行われます。バイアグラ、レビトラ、シアリスは有名な薬なので、お世話になることも多いでしょう。これらの薬については、海外から個人輸入せずにクリニックで処方してもらうべきです。その方が安全性が高く、万が一の際に迅速に治療を受けられるためです。

風が吹くだけで痛い!痛風の恐怖の特徴を知り、回避しよう

2019.02.22