5,000円の節約も実現可能!クレジットカードの明細で無駄な出費を見抜く

クレジットカード明細イメージ

実は多い!クレジットカードによる無駄な出費

え、こんなお金を払っていたんだ…
クレジットカードは無駄な支払いの宝庫ともいえます。

つまりクレジットカードで支払っているものを細かくチェックすることで、無駄な出費を削減できる可能性があるのです。
毎月のお金を浮かせるためには、収入を増やすか、支出を減らす必要がありますが、後者の場合は真っ先にクレジットカードから取り掛かりましょう。

もしかすると、あなたが忘れていた契約により毎月数千円の支払いが発生しているかもしれません
一刻も早く見つけ出すべきでしょう。

クレジットカードの明細は細かくチェックされない

今やクレジットカードは誰もが持っていますが、支払い方法として市民権を得たことにより使用が当然となり、細かく明細をチェックする人が減ってきています。
それこそクレジットカードが世間に広まった当初は、毎月明細をチェックするのが当たり前でした。

それが日常的に使用されるようになり、どんどん省略されていったのですね。
確かにコンビニで使った数百円まで毎月チェックするのは骨が折れますし、無駄な時間とも感じられます。
しかしチェックをしなくなったからこそ、無駄な支払いが残っている恐れも高くなっています。

特にインターネットを利用して申し込んだサービスについては、記憶に残りにくいため無駄な支払いの原因となる恐れを抱えています。
具体的な例としては、音楽ストリーミングサービス月会費のかかる動画視聴サービスなどが該当します。

はじめに設定されている無料期間を過ぎても解約せずに、毎月1,000円単位のお金を払い続けている場合があるのですね。
こういったものが複数積み重なると毎月の無駄な出費が5,000円を超えることもあります。
節約を考える場合は真っ先に削るべきものでしょう。

3か月分の明細をチェックしよう

上記のような無駄な支払いを見つけ出すためには、3か月分の明細をチェックするのが効果的です。
そうすることで、毎月の支払いが発生するものから、3か月単位で支払いが発生するものを見つけ出すことができます。

ただし、中には1年ごとに支払いが発生するものもあるため、余裕があるならば1年分の明細をチェックしましょう。
これは1年分を一気に行うと手間であるため、毎月チェックする癖を1年間継続するのがおすすめです。

まとめ
以上のように、クレジットカードの明細には無駄な出費が詰まっているはずです。特に日頃から新しいサービスをとりあえず利用してみるといった感度の高い生活を送っている人は要注意です。

手始めに3か月分の明細をチェックして、無駄なストリーミングサービスへの登録が残っていないか確認してみてください。

すぐに会社に連絡!クレジットカードの引き落としに遅れた場合の対処法

2018.12.28