4種類の方法を確認!てんかんの治療方法を確認

てんかんの薬物療法・治療薬イメージ

薬物療法が中心

治療は早期に開始しよう
てんかんの治療方法には様々なものがあります。

中でも薬物治療てんかん治療の中心的なものとなります。また他にもてんかんの治療には、手術、食事療法があります。てんかんの治療は専門医と相談して早期に開始する必要があります。

てんかんのものと思われる症状が起こった際は、なるべく早く医師の診察を受けるようにしましょう。

薬物治療

てんかんの治療には抗てんかん薬が用いられます。
抗てんかん薬の特徴は以下のとおりです。

抗てんかん薬の特徴
  • 特徴・・・脳の興奮を抑える
  • 効能・・・ナトリウムイオン、カルシウムイオンの動きを抑制する
  • 副作用・・・眠気、ふらつき、発疹、アレルギー反応、肝機能の低下、白血球の減少、脱毛

てんかんは脳が興奮状態になったときに発作が起きるため、その興奮状態を抑制することで発作を回避しようとするのが抗てんかん薬です。
ただし、上述のとおり抗てんかん薬には様々な副作用があります。
そのため副作用の起こり方に注意しつつ、医師と相談しながら服薬を続ける必要があります。

手術によるてんかんの治療

てんかんについては上記の薬物治療が中心的なものとなりますが、中には手術により根本的に治療ができるものもあります。
てんかんの中には脳挫傷を原因としているものもあるため、外科手術で病変部を切除することでてんかんの発作を改善することができるのです。

このように脳にある病変や外傷を原因とするてんかんは、手術で改善することができる場合もあるのです。
ただし脳の手術になるので、体への負担も非常に大きくなります。
そのため手術は必ずしも全ての場合についておすすめできるものではありません。
専門医のもとで、精密な検査を繰り返し、手術の可否を決めていくこととなります。

食事療法

食事療法では、脂肪が多く、炭水化物が少ない食事を心がけていきます。
そうすることで、てんかんの発作を改善していくことができるのです。
食事療法は薬物治療や手術で改善することができないてんかんに対して用いられることが多くなっています。

まとめ
以上のように、てんかんの治療は薬物治療手術食事療法によって行われます。中でも薬物治療てんかん治療の中心的な役割をはたすもので、多くの人に適応されています。服薬は定期的に続け、その中で毎日の生活に注意することでてんかんの発作をしっかりと回避していくことができるのです。

日本人の10人に1人が罹患!慢性腎臓病の特徴は是非とも知るべき

2019.02.13