馬鹿にできないリスク!倦怠感の特徴を知って、体を労わろう

取れない疲れ・倦怠感女性イメージ

倦怠感は病気のサインかもしれない

ああ、疲れたなぁ…
倦怠感とは、体のだるさ疲れを示す言葉です。

正直に述べると、忙しく働いた後は誰しも体に倦怠感があります。
「ああ、今日は疲れた…、夕食の用意すら難しいや」、こういったものはまさに倦怠感です。

このように日常的に表れる倦怠感ですが、長く続くようであれば注意が必要です。
なぜならば、それは病気のサインかもしれないためです

倦怠感の特徴

危険な倦怠感と日常的な疲れに明確な違いはありません。
ただし、「倦怠感」と表現する場合は、疲れの程度が強い場合が多くなります。
特に以下のような場合は注意が必要です。

注意が必要な倦怠感
  • 強い疲労感が常にあり、日常的な動作が億劫に感じる
  • 気が付くとぼーっとしており、物事に集中できない
  • 朝起きた時点で疲れを感じ、一日が憂鬱

こういったものは日常的な疲れの範囲を逸脱するものです。
それこそ通常であれば、身体および環境が健康なものであれば、1日程度であれば10時間働いても帰宅後の自由時間と睡眠である程度は疲れを回復させることができます。

それができていないということは、身体か環境のどちらかに問題があるということです。
そしてその原因を取り除かずに放置しておくと、いずれは大きな病気の発症に繋がる恐れがあります。
たかが倦怠感と甘くみず、あなたの体が不調を訴えているサインなのだと理解しましょう。

倦怠感が続く場合は病院で診察を受ける

このような倦怠感が長く続いている場合は、いくら休息をとっても回復できない場合があります。
そのため、どこかのタイミングで医師の診察を受ける必要があるのです。
そして、問診および検査を利用して、倦怠感が何を原因に発生しているのかを特定する必要があります。

倦怠感の原因が実に様々です。
ブラック企業に勤めている身体的なストレスおよび精神的なストレスが原因となっていることもあれば、糖尿病が原因となっていることもあります。
もちろん風邪の場合もあります。

合併症の恐怖!恐ろしい糖尿病の特徴を知って治療に活かそう

2019.02.23

このような原因を素早く的確に特定することが、あなたの体を守ることに繋がります。

まとめ
以上のように、倦怠感はあなたの体の不調を示す大きなサインです。「単に疲れているだけだろう」と安易に結論づけず、その倦怠感がどこからもたらされているかを探ってください。

その際は一度、医師の診察を受けることをおすすめします。そうすることで、客観的な目線で原因を探ることができるためです。倦怠感は大きな病気が原因となっていることもあるため、注意が必要です。

疲れが取れないのは要注意!倦怠感の症状は病気のサインかも!?

2019.02.24