過呼吸の検査は難しい!専門医では問診が中心となる

過呼吸・過換気症候群の診断イメージ

過呼吸の症状は一般的に30分程度でおさまるため、診断が難しい

精神的な影響が大きい過呼吸
過呼吸は自律神経が乱れることにより、呼吸が乱れ、血中の二酸化炭素濃度および酸素濃度に異常が起こるものです。

そして、過呼吸の症状の多くは30分程度で落ち着きます。
つまり症状が出ている状態で専門医の診察を受けるのは困難なのです。
そのため、過呼吸を診断する場合は問診が中心的な役割を果たします。

あなたが過呼吸の症状にみまわれ、症状がおさまった後に診察を受ける場合は症状が起きた状況や症状を具体的に医師に伝えることを心がけましょう。
そうすることで問診を利用して過呼吸を検査診断することができ、予防法や対処法を医師から聞くことができます。

過呼吸の検査診断は基本的に問診で行う

過呼吸は一種の病気ではありますが、常に症状が発生しているようなものではありません。
あくまで自律神経に大きな乱れがあったときに、呼吸が乱れて様々な症状があらわれるのが過呼吸です。
そのため過呼吸について検査診断をしようとしても、専門医が実際に目の前で症状を見ることは難しいのです。

つまり過呼吸に対する検査診断は、医師があなたに症状やシチュエーションを聞く問診のスタイルで行われることが多くなります。
つまりあなたが自身の症状を冷静に伝えることが、正確な診断につながるのです。

過呼吸が起きた際の状態をしっかりと把握しておこう

過呼吸は突然に起こるものであり、全ての人が初めて起こる過呼吸を予想できるわけではありません。
むしろ全く予想しなかった状況で過呼吸になり、パニックを引き起こす人も多いです。
このような過呼吸は、初めての発作のシチュエーションをしっかりと把握しておくことで、診察に有効活用することができます。

もちろんあなた自身で症状とシチュエーションを把握しても良いですが、過呼吸になった際に親族や知人が近くにいた場合は、彼らから症状とシチュエーションを聞くのも良いでしょう。
そして、それを専門医に伝えるのです。
そうすることで正確な診断を受けることができ、正確な対処法を知ることができるようになります。

まとめ
以上のように過呼吸の検査診断は問診が中心となります。そのため普段から過呼吸についての知識を持っておくことは、発作が起きた際に効果的です。また診断を受ける際は、あなたの症状とシチュエーションをしっかりと伝える必要があるでしょう。

呼吸法とストレスコントロール!過呼吸は予防改善できる

2019.04.14