負担額は2,000円!ふるさと納税の仕組みを知ってお得に返礼品を入手

ふるさと納税全国イメージ

ふるさと納税とお得な返礼品とは!

話題のふるさと納税とは
昨今なにかと話題の「ふるさと納税」ですが、「結局、お金を払ってものを買っているだけでしょう?」と考えていませんか?

ふるさと納税で支払う金額は原則として「2,000円」のみなのです。
つまり2,000円で様々な返礼品を手に入れることができるというわけです。

では、ふるさと納税の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

あなたは毎年所得税を支払っている

ふるさと納税の仕組みを理解するためには、住民税について知りましょう。
会社に雇用されて働いている人フリーランスとして働いている人も、原則として住民税を支払っています。
支払う額は本人の所得により変わります。

従来、この住民税はあなたが住んでいる自治体に支払うものでした。
しかし東京に人口が集中するにつれて、東京と地方の税収に大きな格差が生まれるようになってしまいました。
ふるさと納税はこの税収格差を是正しようという試みなのです。

ふるさと納税により住民税の支払先を変えられる

このように一定以上の所得がある人は必ず支払わなければならない住民税ですが、ふるさと納税を利用することで支払う都道府県および市区町村を変えることができます。
もちろんすでに離れてしまった「故郷=ふるさと」に支払うことも可能です。

ふるさと納税においては以下の4つのステップを踏みます。

ふるさと納税の流れ

  1. STEP1:あなたが選んだ自治体に「ふるさと納税」で寄付を行う
  2. STEP2:自治体から返礼品と寄付金受領証明書が届く
  3. STEP3:確定申告を行う
  4. STEP4:「寄付額-2,000円」の所得税還付および住民税控除が行われる

このようにふるさと納税を利用して自治体に寄付を行うことで返礼品が届き、確定申告を経て、支払うべき税金が「寄付金額-2,000円」安くなるのです。
つまり、あなたは実質2,000円の負担で自治体から様々な返礼品を受け取ることができるというわけです。

ちなみに、所得税還付および住民税控除が行われる額はあなたの所得額によって細かく変わります。
年収450万円の独身者の場合、およそ50,000円が控除の目安額となります。

確定申告をする手間こそありますが、実質2,000円で様々な手に入れると考えると、お得な側面があるのもわかるでしょう。
そのため昨今はふるさと納税が人気なのですね。

まとめ
以上のように、ふるさと納税を利用することで住民税を支払う都道府県および自治体を変えることができ、また確定申告を経て実質2,000円返礼品を受け取ることができます。

返礼品には様々なものがあるため、あなたの気になるものがないかチェックしてみましょう。

2つの違いを知ろう!通常のふるさと納税とワンストップ特例制度の利用法

2018.12.06