規則正しい生活を心がけよう!てんかんの発作の予防改善方法

てんかんの原因過度の疲労・ストレスイメージ

てんかんは薬と規則正しい生活でコントロール

発作の危険を回避する生活を送ろう
てんかんは脳の電気信号に不調和が起こり、それが原因となって痙攣や気絶が起こります。

このような電気信号の不調和は精神の高揚や疲労およびストレスによって起こることがわかっています。
そのため、毎日の生活の中でストレスを溜め込まないこと、疲労と蓄積させないことはてんかんの発作を回避することに繋がります。

また、てんかんの発作に対しては薬でのコントロールもなされます。
そのため薬を服用し続けながら、日々の生活に注意していくことが発作を回避する効果的な方法となります。

疲労の蓄積に注意

てんかんの発作は疲労の蓄積によって起こります。
そのため毎日の生活の中で過度に疲労を蓄積させないことは、発作を回避する効果的な手段となります。
特に満員電車で通勤し、長く残業をしているサラリーマンは知らずしらずのうちに過度の疲労が蓄積している場合があります。

疲労を溜め過ぎないためには、十分な時間眠ることが最重要です。
また労力を要しますが、職場環境を変えてしまうことも考えなければならない場合もあります。

ストレスは定期的に解消する

人は生きているだけでストレスを感じます。
このストレスを感じること自体は誰であっても避けることはできません。
そのため、ストレスについては原因を完全に除去することよりも、定期的に解消していくことを優先させていきましょう。

ストレスの解消方法は人ぞれぞれであるため、あなたに合ったものを見つけてください。
趣味に没頭するのも良いですし、軽い有酸素運動をすることもおすすめです。

入浴や旅行は一人でしない

てんかんの発作は、普段とは違う環境で起こりやすくなります。
そのため体が過度にリラックス状態になる入浴や、いつもと違う環境に身を置くことになる旅行は一人で行うと危険です。

特に日本人は湯舟に浸かる習慣を持つため、そこでてんかんの発作が起きると死亡事故につながります。
お風呂の床に緩衝マットを敷き、いつでも外部の人が異常を察知できるように鍵をあけてお風呂に入るようにしましょう。

まとめ
以上のように、てんかんの発作は毎日の生活の中で注意していくことが求められます。てんかんの発作は薬の服用と、毎日の生活のコントロールで予防・改善していきましょう。そうすることで、安全に人生を楽しむことができます。

4種類の方法を確認!てんかんの治療方法を確認

2019.03.20