禁煙・ストレス解消・生活習慣の改善!EDの予防改善方法

勃起不全の血行問題イメージ

ED改善のためには体の中から整えていこう

血流を改善することが重要
EDの多くは血行が悪くなることで起こります。

そのため血行を改善することはEDを予防する大きな手段となるのです。
今回の記事では、禁煙、ストレス解消、生活習慣の改善という3つの方法による血行改善について解説していきます。

いずれも毎日の中で取り組むことのできるものなので、知識を頭に入れておきましょう。
EDは小さな行為の積み重ねで発症するので、体に良い小さな積み重ねで防いでいくのです。

禁煙

タバコは毛細血管を収縮させて血行を悪くするので、EDの原因となります。
またタバコを吸うことで血管にもダメージが蓄積され、動脈硬化を進行させます。このようにタバコを様々な側面からEDを進行させていきます。

そのため禁煙することはEDの予防改善に非常に効果的です。
禁煙については一朝一夕で実現できるものではないため、禁煙外来を利用するなど第三者の助力を得ながら進めていきましょう。

ストレス解消

ストレスも喫煙と同じように毛細血管を収縮させて血行を悪くします。
またストレスそのものがEDの原因となる場合もあります。
例えば忙しく働いて、毎日自宅では寝るだけのような生活では仕事のストレスから勃起ができなくなるのです。

こうしたストレスについては、毎日の中で定期的に解消する機会を持つ必要があります。
ストレス自体をゼロにすることはできないため、解消して過度の蓄積を避けるのですね。
ストレス解消方法は人により様々ですが、スポーツは実におすすめです。
特に運動習慣を持たない人は、軽く体を動かす習慣を得るだけでストレス解消の効果が期待できるはずです。

生活習慣の改善

禁煙ストレス解消に励みつつも注意してほしいのが、生活習慣の改善です。
特に以下の2つのポイントを意識してみてください。

ED改善の2つのポイント
  1. 規則正しく、十分な睡眠をとる
  2. 油や脂質を控えて、野菜・海藻類・豆類を食生活の中心にする

このように食事睡眠が重要なのです。
どちらも乱れが生じると血行を悪くし、ストレスにつながるので日頃から気を付けてみてください。

まとめ
EDを予防改善するためには、禁煙・ストレス解消・生活習慣の改善が重要となります。いずれも血行改善につながるので、毎日の中で少しずつ良い方向を目指していきましょう。EDは複雑な原因がからみあって起こるので、細かな点であっても普段から気を付けていく必要があります。

EDは治療できる!薬物治療と根本原因の治療が重要

2019.06.04