皮膚科やクリニックで受けよう!抜け毛・脱毛の検査診断

AGAの問診イメージ

抜け毛が増えたらまずは検査診断を受ける

早期の治療が肝心
抜け毛・脱毛が進行すると、特に男性の場合は治療を諦めてしまうことがあります。

しかし抜け毛および脱毛は治療により改善が期待できます。
それこそ脱毛症それぞれの根本的な原因を適切に把握し、原因に即して治療を選択することができれば改善は不可能ではないのです。

そのために重要なのは、第一に検査診断です。
あなたも抜け毛・脱毛が進行してきた場合は、早期の検査診断を徹底していきましょう。
それが将来の髪の毛の状態を大きく変えます。

まずは自己チャックをしてみよう

抜け毛・脱毛は知らずしらずのうちに進行していくところに怖さがあります。
そのため、まずはあなた自ら脱毛の進行具合を確認する姿勢が大切です。
そこで早期に髪の毛の状態悪化に気付くことができれば、それだけ治療への着手も早くなるためです。

まずは以下の項目を自らチェックし、あなたの髪の毛の状態とリスクを把握しましょう。

抜け毛・脱毛のセルフチェック

  1. 両親や親族に髪の毛の薄い人がいる
  2. 起床時、枕に大量の抜け毛がある
  3. シャンプーをした際、抜け毛が目立つ
  4. 昔に比べて、生え際が後退している
  5. 抜け毛が細く、成長しきっていない髪の毛である
  6. 髪の毛のツヤやコシがなくなってきた

上記については、当てはまるものが多ければ多いほど、抜け毛・脱毛が進行している恐れがあります。
特に額が後退してきていたり、起床時やシャンプー時の抜け毛が目立ったりする場合はクリニックや皮膚科での検査に赴きましょう。

問診と血液検査

上記の項目をチェックして該当するものが多い場合は早期にクリニックおよび皮膚科で検査を受ける必要があります。
その際、検査診断の中心となるのは問診血液検査です。
まず問診については、あなたの日頃の生活や現在の頭皮の状況から脱毛のリスクと進行度を確認していきます。
その上で、AGA(男性型脱毛症)円形脱毛症の恐れがある場合は血液検査でホルモンの値を確認していきます。

このように基本的に抜け毛・脱毛については大掛かりな検査を要しないので、診察料と合わせても3,000円~5,000円程度で済ませることができます。
検査で根本的な原因を特定するのは治療の第一歩なので、少しでも抜け毛が進行していると感じた場合は、すぐにクリニックおよび皮膚科に赴きましょう。

まとめ
以上のように、抜け毛・脱毛の検査診断は、第一に自己チェックを行い、その上でクリニックおよび皮膚科を受診するのがおすすめです。早期に治療に着手することで、抜け毛・脱毛の進行を食い止めることのできる可能性が上昇するので、先延ばしにするデメリットは非常に大きいということができるでしょう。
毛母細胞_薄毛イメージ

豊かな髪の毛を守るために!生活を改善して抜け毛・脱毛を予防しよう