症状はずばり血圧の上昇!高血圧は重大な病気につながる恐れがある

高血圧の基準

血圧が高いだけと安心するのは危険

血管が破れると一大事
高血圧とは、名前のとおり血圧の高い状態を指す言葉です。

そのため高血圧というだけで重大な病であるとはいえません。
しかし高血圧の状態を放置していると、いずれ血管の破裂などの重大な病気や事故につながる恐れがあります。
つまり高血圧の状態を知ることで、重大な病気を予防することも可能なのですね。

あなたも高血圧と重大な病気の関係を把握し、予防に取り組んでいきましょう。
高血圧は毎日の生活を正すことでしっかりと解消していくことができます。

高血圧の基準

高血圧は、そのままですが血圧の高い状態を指します。
一般的に高血圧とされる基準は以下のとおりとなります。

高血圧の基準

  • 診察室血圧値・・・140/90mmHg以上
  • 家庭血圧値・・・・135/85mmHg以上

つまりこの基準を超えていれば、高血圧ということになります。
ただし血圧は体や精神の状態によって上下するので、一度の測定で高血圧と結論づけずに一定期間測定してから結論づけていきましょう。
特に家庭用の血圧測定器で測る場合は、測り方で数値が上下することもあります。
可能であれば、病院で測ってもらいましょう。

高血圧がもたらす重大な病

高血圧は単に血圧の高い状態と理解されるケースがありますが、その理解は危険です。
なぜならば、血圧が高いことで血管にかかる負担が増大するためです。
特50代以降は結果の老化も進んでいるため、圧力がかかることで血管が破裂する恐れもあります。

こうした血管の破裂が心臓付近の太い血管で起こると、それだけで命にかかわりますね。
また圧力の高い状態で血管の中を血液が流れ続けることで、血管の内側の層に破れが生じ、そこにコレステロールなどが入り込むこともあります。
そうすると血管が狭くなります。こうした症状は動脈硬化と呼ばれています。

大動脈瘤の特徴と塩分のイメージ

大動脈にできるこぶ状の膨らみ!大動脈瘤の特徴について

このように高血圧は様々な重大な病気につながる恐れを有しているのです。
たかが高血圧と放置していると、命の危険を含めた取り返しのつかない自体になりかねません。
高血圧には十分な注意が必要です。

まとめ
以上のように高血圧は血圧が高い状態を示すだけの言葉ですが、放置することで血管破裂動脈硬化といった重大な病につながる恐れを有しています。そのため定期的に血圧を測定して、高血圧の状態にある場合は早期に対処すべきなのです。
高血圧の原因である食塩

喫煙からストレスまで!高血圧の原因を知って対処していこう