生活習慣を改善し、ストレスに注意する!狭心症を予防改善する3つの方法

ハートとカルテ

狭心症は予防できる

自覚症状がないからこそ予防が重要
狭心症は自覚症状を伴わないことも多いため、早期に治療を開始することは決して簡単ではありません。

それでいて、放置しておくと心筋梗塞に繋がる恐れがあるのです。
このように最悪の場合は命に係わる危険を持つ狭心症は、日頃から予防していくことが重要です。

誰でもなる恐れあり!心筋梗塞を特徴を知って備えあれば患いなし

2019.02.01

また狭心症の予防方法と改善方法には共通している部分が多く存在します。
そのため予防方法を用いて、冠動脈の状態悪化を食い止めることも可能となります。
継続的な方法が思となりますが、強い気持ちで続け、血管の健康を確保しましょう。

動脈硬化の予防方法が狭心症にも利用できる

狭心症は心臓にある冠動脈に起こる動脈硬化です。
そのため動脈硬化に関する一般的な予防方法はそのまま狭心症に対する予防方法として利用することができます。
そのため以下の3つは狭心症の予防にも大きな効果を持つのです。

狭心症予防に重要な3つのポイント
  1. 食生活の改善
  2. 運動習慣の確保
  3. ストレス解消

食生活の改善

日頃からコンビニ弁当やスーパーのお惣菜を頻繁に食べている人は、血液がドロドロになっている恐れがあります。
なぜならば、上記の食事には油分脂肪分が多く使われていることが多いためです。

こういった食事を回避して、普段から植物性たんぱく質、ビタミン、食物繊維、ミネラルを積極的に摂取していく必要があります。
例えば、昼食にコンビニで食事を購入する場合であっても、一つをサラダに変えるだけで血管への負担は軽くなるのです。

運動習慣の確保

運動習慣は体内の脂肪を燃やすため、肥満改善のみならず血管の負担も軽減することに繋がります。
デスクワークの増えた現代人は仕事を通して運動効果を得ることが難しくなっているため、仕事以外の時間に積極的に体を動かしていく必要があります。

しかし運動習慣のなかった人が急激な運動をすると、体を壊すことに繋がりかねません。そのため30分程度のウォーキングから始めるのがおすすめです。
1回のウォーキングで大きな効果を得ることは難しいですが、継続することで体内の脂肪を燃やし、血管への負担を軽くすることができます。

ストレス解消

ストレスは血管を収縮させるため、それだけ血液の流れが血管に大きな負担をかけることに繋がります。
こういった理由から高いストレスを感じた際に、血管が破れてしまう恐れがあるのです。
ストレスの解消方法は様々ですが、定期的に行う必要があります。

そうすることでストレスが過度に溜まることを防ぐことができるためです。
しかし、職場環境があまりに劣悪であり、毎日サービス残業をしながら上司からのパワハラを受けているような場合は、いくら解消してもそれを上回るペースでストレスが溜まっていく恐れがあります。
このような場合は自身が身を置く環境を根本から改善することも視野に入れる必要があるでしょう。

まとめ
以上のように狭心症の予防には、食生活の改善、運動、ストレス解消が役立ちます。狭心症が大きな自覚症状を持たない病気であることを考えると、日頃から予防に取り組む必要性は高いということができます。

いずれの方法も適切な知識があれば自宅で行うことができるものなので、あなたも本日から始めてみてください。

まずは薬物治療!重度の場合は外科手術!狭心症に対する3つの治療

2019.02.01