生活改善が第一歩!自律神経失調症の治療は毎日の積み重ね

ドクターのイメージ自律神経失調症

日々の心がけが自律神経失調症を直す

自分の力で治療を継続しよう
自律神経失調症交感神経副交感神経からなる自律神経に異常が起こるのが原因です。

そしてこの自律神経はあなたの生活習慣と密接に関係しています。
つまり生活リズムが崩れると、それだけ自律神経が不調をきたしやすくなるのです。
そのため自律神経失調症については、日々の生活を整えることが治療として大きな効果をもちます。

もちろん自律神経失調症については医師から処方される薬も効果を発揮しますが、あくまで補助的なものであると理解しておく必要があります。

生活を整えることが第一の治療

あなたが自律神経失調症を治療しようとするならば、まずは医師の診察を受ける必要があります。
しかし診察を受けて処方された薬を飲んでいるだけで病気が治ると考えてはいけません。
自律神経失調症についてはあなた自身が日々の生活を整える必要があるためです。

この点については、医師からの診察時にもアドバイスがあるはずです。
つまりあなたの手で自身に関する諸所の要素を整えて、ある程度は長い目で根気強く治療を続けていく必要があるわけです。
このように自律神経失調症の治療には根気が必要となりますが、あらかじめそうであることを理解しておくと治療を続けやすくなります。

生活を整えるためには具体的に以下を心がける必要があります。

生活を整えるポイント
  • 規則正しい生活を心がける
  • 十分な睡眠をとる
  • バランスの良い食事をとる
  • 定期的に運動をする
  • 自分なりのストレス解消方法をもつ

一言でいうと「規則正しい生活をすること」が自律神経失調症の治療には重要です。
そのためには睡眠、食事、運動といった行為を適切な形で日常に取り入れる必要があります。
また自分なりのストレス解消法を持ち、ストレスの過度な蓄積を避けることも大切です。

薬物治療は補助的なもの

自律神経失調症に対してはビタミン剤、ホルモン剤、漢方薬などが処方されます。
これらは神経の不調を整える作用があるため一見すると自律神経失調症の治療に大きな効果をもつように思われます。
しかし原因が生活習慣に潜んでいるうちは、どんなに薬で症状を抑えても病気を再発するだけです。

そのため自律神経失調症に対する薬物治療はあくまで補助的なもので、根本的な原因は生活習慣を整えることで解決するべきと頭に入れておいてください。

まとめ
以上のように自律神経失調症の治療は生活習慣を整えることが何よりも重要です。薬物治療については日々の症状をおさえる意味で一定の効果をあげることが期待できますが、あまりに薬に頼ると再発の危険が増すことに繋がります。

食事、睡眠、運動、ストレスに着目する形で日々の生活を整えていってください。

不治の病と誤解しないで!統合失調症の特徴をカンタン理解

2019.04.14