現代人の多くが抱えている!高血圧の特徴を知ろう

高血圧の基準イメージ

高血圧は誰にも無縁ではない

高血圧は重大な病につながる恐れがある
高血圧は加齢とともに多くの人に発症する恐れがあります。

そもそも私たちの血管は加齢とともに弾力性を失い、どうしても血圧の上昇リスクが高くなってしまうのです。
つまり高血圧は誰にとっても無縁ということのできない病気です。

そして高血圧はときに重大な病に結び付く恐れがあります。
そのためにも日頃から血圧に注意した生活を送り、重大な病を予防していくことが求められます。

高血圧は現代人に増えている

高血圧の原因には様々なものがありますが、現代人の塩分の多い食生活は高血圧を招きます。
そして、そこに加齢による血管の老化が組み合わさる高血圧から動脈硬化といった病気につながるのです。

現代人の食生活はとにかく乱れがちなので、高血圧のリスクも上昇しているということができます。
そのため高血圧について正しい知識を得て、日常の中で予防していくことが求められます。
あなたも、これを機に自身の生活を振り返ってみてください。
もしかすると、高血圧のリスクにつながる要素が沢山存在しているかもしれません。

高血圧の基準

一般的に高血圧は以下の状態を指します。

高血圧の2つの状態

  1. 診察室血圧値で140/90mmHg以上
  2. 家庭血圧値で135/85mmHg以上

血圧が上記の基準を超えると、高血圧ということになります。
家庭用の血圧測定器でも簡単に測ることができるので、あなたも定期的な測定を心がけていきましょう。
ただし血圧は体の状態により上下するので、一度の測定で高血圧であると結論づける必要はありません。

一週間ほど続けてはかり、平均をとるかたちで高血圧か否かを確認していきましょう。
また医師の診察を受けて病院で血圧を測るのも有効です。
その際は、普段の食生活などについても医師に伝えるのが望ましいでしょう。

まとめ
このように高血圧は加齢とともに誰にでも発症する恐れを有しています。そのため健康的な生活を維持しているからと安心せずに、定期的に血圧を測定する機会を持つと良いでしょう。また高血圧の状態にある場合は、食生活をはじめとした毎日の生活を改善することで血圧を下げることもできます。

毎日の中の小さなつみかさねが血圧を正常に戻すので、あなたも毎日の生活を振り返ってみてください。

高血圧の基準

症状はずばり血圧の上昇!高血圧は重大な病気につながる恐れがある