気絶するほどの激痛!大動脈解離の症状を知ろう

大動脈解離の胸の激痛イメージ

不意に起こる激痛に注意

痛みだけでない様々な症状がある
大動脈解離は大動脈の三層構造のに解離が起こり、大動脈が非常にもろくなるものです。

そのためちょっとした出来事で大動脈から命を脅かす大出血が起こるのです。
また大動脈解離の症状は出血のリスクが高まるだけにはとどまりません。
時には気絶するほどの激痛も起こるのです。
しかし、それは何の前触れもなく起こります。

また大動脈解離が起こると脂肪のリスクが跳ね上がるため、症状を少しでも感じた場合は直ちに治療をする必要があります。
あなたも大動脈解離の症状について知識を深めて、いつでも対処できる状態を整えておきましょう。

大動脈解離の症状

冒頭でも述べたとおり、大動脈解離が起きると大出血の危険性が高まります。
しかし、大動脈解離の恐ろしさはそれだけでなく、以下のような症状も起こします。

大動脈解離の症状
  • 胸の激痛
  • 背中の激痛
  • 意識障害
  • 手や足の痛み

つまり大動脈を通って全身に血液が運ばれなくなるため、脳に血液不足が起きれば意識障害、手足に血液が足りなくなれば手足に痛みが出ます。
このように気絶するほどの痛みを感じたかと思うと、脳に血液が足りなくなって本当に気絶してしまうのが大動脈解離なのです。

仮に人気のない場所で気絶してしまったならば、治療を受けることなく血液不足が続き、死亡してしまうのです。
つまり一人暮らしの人にとって、大動脈解離はまさに死に直結する病なのです。

胸や背中に激痛を感じたら一刻も早く医師のもとへ

このように大動脈解離は命の危険のある病気です。
そのため胸や背中に激痛を感じた場合は、様子を見ようなどと考えずにすぐさま病院へ赴いてください。
また胸と背中に激痛を感じることで、その場にうずくまって動けなくなるような場合は遠慮せずに救急車を呼ぶべきです。
また近くに人がいる場合は、すぐに助けを求めましょう。

また手足に原因のない痛みを感じた場合も受診は早急に行うべきです。
大動脈解離は何の前触れもなく起こるものなので、万が一に備えて医師のもとを訪れる必要性は高くなります。

まとめ
以上のように、大動脈解離の症状は激しいものであり、放置すると命の危険があります。そのため症状を感じた場合はすぐさま病院へと足を運びましょう。動けないほどの痛みを感じた場合はすぐに救急車を呼ぶべきです。

特に一人暮らしの人は周囲の人に助けを求めることが難しい場合もあるので、十分な備えが必要です。予防法を確認し、大動脈解離を回避しましょう。

明確な原因は不明!大動脈解離は様々な要因がからみあって起こる

2019.05.17