毎日の生活をコントロールしよう!大動脈瘤の予防改善方法

大動脈瘤予防生活習慣改善イメージ

動脈硬化を予防するのが重要

毎日の生活に注意していこう
大動脈瘤は動脈硬化の進行により起こる病気です。

そのため動脈硬化を予防することで、大動脈瘤も予防できるのです。
動脈硬化を予防するためには特別な行為よりも、毎日の生活をコントロールしていくことが求められます。
特に注意すべきは、食事、運動習慣、禁煙です。

それぞれについてコツを習得して、毎日の生活を変えていきましょう。
それが大動脈瘤を予防改善していきます。

食事で予防改善

食事への注意は血管の状態を守るために必要不可欠なものです。
食事として注意すべきは、以下のポイントです。

大動脈瘤予防の食事の注意点
  • 脂質の多い食事
  • 油分の多い食事
  • 揚げ物、炭水化物の過剰摂取

特にコンビニ弁当やスーパーのお惣菜が食生活の中心にある場合は、注意が必要です。
忙しいサラリーマンなどはついつい手軽な食事にはしってしまいますが、それで大動脈瘤が進行しているのでは元も子もありませんあなたも食事を見直し、緑黄色野菜、海藻類、豆類を中心にした食事を組み立ててみてください。

運動で予防改善

血管の中に付着していくコレステロールを少なくするためには、定期的な運動も高い効果を発揮します。
また高血圧の原因となる肥満も予防できるため、運動はぜひとも習慣として取り入れるべきです。
毎日強度の高い運動をする必要まではないため、週に2日~3日ほどウォーキングスイミングから始めてみましょう。

現在肥満状態にある場合は、ランニングで膝への負担が大きくなるため、まずはウォーキングが万人におすすめです。
また運動にはストレス解消効果も期待できるため、後述する禁煙の役にも立ちます。
少しずつで構わないので、始めてみてください。

禁煙

喫煙は体内に有害物質を発生させるため、血管にダメージを蓄積させていきます。
そのため大動脈瘤を予防改善するためには禁煙も大きな効果を発揮するのです。
禁煙を進める場合は、一度にゼロにしようとせず、禁煙外来も利用しつつ徐々に本数を減らすのがおすすめです。

まとめ
以上のように、大動脈瘤の予防改善には食事の改善、運動習慣の確保、禁煙が高い効果を発揮します。その中で定期的に検査を受けて、大動脈の状態をチェックすることができれば、突然の大動脈瘤破裂を避けることができるでしょう。

食生活の改善、運動習慣の確保、禁煙を進めていくためには一度の生活を変えると続かないため、少しずつ理想の形を探していきましょう。

外科手術もありうる!大動脈瘤の治療は大掛かりになる恐れ

2019.05.17