楽天カードのデメリット徹底解説!知っておくべき点とその対策

楽天カードの課題点とその詳細

楽天カードの利点は数多く、特に楽天市場でのポイント高還元や、ポイントの利用のしやすさが挙げられます。しかしながら、すべてのサービスにはメリットだけでなくデメリットも存在します。ここでは、楽天カードのいくつかのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

公共料金の還元率の低さ

楽天カードの基本の還元率は1.0%ですが、公共料金の支払いに関してはその還元率が0.2%に下がってしまいます。具体的には、以下のような公共料金が該当します。

公共料金のポイント還元率0.2%の例:

ジャンル対象事業者・料金
電気東京電力エナジーパートナー、関西電力など
ガス東京ガス、大阪ガスなど
水道東京都水道局、大阪市水道局など
税金自動車税、固定資産税、都市計画税など

公共料金の支払いで1%のポイント還元率を期待している場合は、別のカードを併用することを考慮すると良いでしょう。

14年連続顧客満足度 No.1の楽天カード【PR】

楽天カードは年会費が永年無料!クレカ初心者でも安心!

引用:楽天カード公式

楽天市場のポイントが最大14倍に!
スーパーポイントアッププログラムの魅力がいっぱい!!

評価
おすすめ
ポイント
うまく活用すれば月に
12,000ptも獲得可能
特徴楽天市場のお買い物で
いつでもポイント3倍

日常のショッピングから大きな購入まで、楽天カードを使用すれば最大14倍のポイントを獲得!お得なショッピングライフを楽しむなら、楽天カードへの入会は必須です!あなたの買い物をより価値あるものに変えてくれる楽天カード、今すぐこちらでお申し込み!

国内旅行保険の非付帯

楽天カードには国内旅行保険が付帯していません。したがって、国内旅行中の事故や怪我などに対する補償を求める方は、この点を留意する必要があります。ただし、楽天プレミアムカードを利用すれば、国内・海外の旅行保険が自動で付帯されます。これは、楽天カードの上位バージョンで、多数の特典や補償が付帯しているため、頻繁に旅行される方は検討する価値があります。

ETCカードの年会費

楽天カードのETCカードは基本的に550円(税込み)の年会費がかかります。しかし、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員であれば、この年会費は無料になります。

楽天PointClubのランク別の特典:

  • ダイヤモンドランク: 楽天カード保有が必要。
  • プラチナランク: 過去6ヶ月で2,000ポイント以上獲得し、15回以上の取得が必要。

女性向けの楽天PINKカード

特に女性におすすめなのが、楽天PINKカードです。基本的なスペックは楽天カードと同じでありながら、女性特有のサービスや保険が選べる点、ピンクを基調とした様々なデザインからの選択が可能な点が魅力です。

楽天PINKカードの主な特典:

サービス名詳細
楽天サービス優待楽天市場や楽天トラベルでの割引など
ライフスタイル応援映画館やレンタカーでの割引など
女性向け保険乳がんなどの女性特有の疾病に対するサポート

デザイン選択のポイント: 楽天PINKカードは、標準のピンク色のデザインのほか、「お買い物パンダ」「ミニーマウス」「ミッキーマウス」のデザインからも選ぶことができます。特にディズニーデザインを選ぶ際は、JCBを選択する必要がありますので注意が必要です。

14年連続顧客満足度 No.1の楽天カード【PR】

楽天カードは年会費が永年無料!クレカ初心者でも安心!

引用:楽天カード公式

楽天市場のポイントが最大14倍に!
スーパーポイントアッププログラムの魅力がいっぱい!!

評価
おすすめ
ポイント
うまく活用すれば月に
12,000ptも獲得可能
特徴楽天市場のお買い物で
いつでもポイント3倍

日常のショッピングから大きな購入まで、楽天カードを使用すれば最大14倍のポイントを獲得!お得なショッピングライフを楽しむなら、楽天カードへの入会は必須です!あなたの買い物をより価値あるものに変えてくれる楽天カード、今すぐこちらでお申し込み!

まとめ
楽天カードには多くのメリットがある一方で、公共料金の還元率の低さや国内旅行保険の非付帯などのデメリットもあります。しかし、これらのデメリットを補完する機能や、さらなる特典を提供する楽天プレミアムカード、女性向けの楽天PINKカードなど、様々な選択肢が存在します。自身のライフスタイルやニーズに合わせて、最適なカードを選択することで、より便利に、そしてお得に生活を楽しむことができます。