明確な原因は不明!大動脈解離は様々な要因がからみあって起こる

大動脈解離の原因高血圧イメージ

ストレス?高血圧?喫煙?

多面的に要因に対処する必要がある
大動脈解離は大動脈の中膜と外膜が剥がれ、大動脈が非常に破れやすい状態になるものです。

そして大動脈解離が起こると、胸や背中に激痛が起こり、ときには意識障害も起こしてしまいます。
つまり死の危険があるというわけです。
そのため大動脈解離は原因をしっかりと理解して予防に努める必要があるのですが、肝心の原因は明確には解明されていません。

しかし関係すると考えられている要因は複数あるため、それらを理解するのは非常に重要でしょう。
そして、それらの要因を回避して、大動脈と命を守っていくべきです。突然に命を奪う恐れのある大動脈解離には十分に注意していきましょう。

実は原因が解明されていない

大動脈解離は簡単にいうと血管が剥がれたり、避けたりする病気です。
そのため様々な要因が重なって起こるのですが、それは裏を返すと一つの特有の原因があるというわけではないことを示します。
そのため一つの原因に対処するだけで大動脈解離を完全に予防することはできません。

そこに大動脈解離の予防の難しさがあるのですね。
また大動脈解離は何の前触れもなく突然に起こります。
例えば、一人で自宅で過ごしていたときに旨と背中に倒れ込むほどの激痛が走り、脳が血液不足となり気絶してしまうのです。
こういった恐ろしい症状が突然に起こるのが大動脈解離です。
いかに予防が難しいかがわかるでしょう。

大動脈解離を起こすと考えられている要因

ここまで説明してきたとおり、大動脈解離の明確な原因は未だ解明されていません。
しかし、大動脈解離につながると考えられている要因は存在しています。
そのため、大動脈解離の要因を知り、それを避けることが重要なのです。

大動脈解離につながる要因には以下のものがあります。

大動脈解離の要因
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 喫煙
  • ストレス
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 遺伝
  • 睡眠時無呼吸症候群

つまりこれらについて覚えのある場合は、大動脈解離に注意すべきというわけです。

合併症の恐怖!恐ろしい糖尿病の特徴を知って治療に活かそう

2019.02.23
まとめ
以上のように、大動脈解離の原因は未だに明確に解明されていません。しかし、ストレス、喫煙、動脈硬化、高血圧といった日常的な要因が大動脈解離につながると考えられています。

そのためこれらの要因を回避して、大動脈解離を予防するのが大切なのです。大動脈解離は突然に人の命を奪う恐ろしいものです。予防の可能性を高めるためにも、紹介した要因には日頃から注意してください。

CTなどで検査診断できるが、大動脈解離は突然襲ってくる

2019.05.17