日常的な取組みが大切!偏頭痛の予防改善方法を紹介

片頭痛要望役イメージ

片頭痛は予防できる

予防することで毎日が楽になる
突然に頭がひどく痛む片頭痛はつらい病気です。

片頭痛に悩む誰もが、頭痛を予防することができたら良いのに…と考えたことがあるでしょう。
それだけ片頭痛は日常生活に大きな支障をもたらすのです。

しかしポイントをおさえて生活することで、片頭痛は予防改善することができます。
あなたが頭痛に悩んでいる場合は、薬と生活習慣の改善で頭痛をコントロールしていきましょう。

まずは頭痛が起こる状況を把握する

片頭痛を予防改善していこうとする場合、頭痛が起こる状況を細か把握することは非常に重要です。
なぜならば片頭痛の症状が表れるきっかけは人によって異なるためです。
代表的なものは以下のとおりです。

片頭痛の代表的な原因
  • 急激な気圧の変化
  • 急激な気温の変化
  • 睡眠不足
  • 過度のストレス
  • 人混み
  • 騒音
  • チョコレートを摂取したとき
  • お酒を飲んだとき

まずはこうした片頭痛が起こるシチュエーションをつかむことで、頭痛に備えていくのです。
そしてシチュエーションを知ることができれば、そういった環境と状況を避けることも可能です。
あなたも、自身の片頭痛が起きる状況をチェックしてみてください。

環境を避けられないときは予防薬

上記のようにあなたの片頭痛と密接に結びついた状況を把握した後は、まずはそういった状況を避けることを心がけます。
実際に環境を変えて片頭痛が急におさまったという話も少なくありません。
一方で、職場などはすぐに変えることが難しいのも事実です。

そのようなときは、予め処方を受けていた片頭痛の予防薬を利用するのがおすすめです。
予防薬は主に血圧を下げる効果のあるものが用いられ、それによって脳の血管が拡張するのを防いでくれます。
つまり三叉神経への圧迫がなくなり、片頭痛が起こらないというわけです。

このように予防薬は片頭痛に対して大きな効果を発揮しますが、片頭痛のメカニズムが完全に解明されていないことから全ての片頭痛を防ぐことができるわけではありません。

しかし慢性的な片頭痛に悩んでいる人は一度医師に相談し、予防薬の処方を受けるのがおすすめです。

まとめ
以上のように、片頭痛は日常生活の中で予防改善していくことができます。あなたが慢性的な片頭痛に苦しんでいるのであれば、予防薬の利用を積極的に取り入れて頭痛と上手に付き合うことのできる環境を構築しましょう。

薬物治療が中心!偏頭痛に対する治療方法まとめ

2019.02.24