家計簿と併せて毎月10,000円を節約しよう!クレジットカードで無駄遣いを防ぐコツ

クレジットカード家計簿イメージ

クレジットカードは諸刃の剣

賢く使って得をしよう
クレジットカードは非常に便利なものです。

手持ちの現金がなかったとき、アクシデントで生活費に困窮したとき、クレジットカードに救われたという人は少なくないのではないでしょうか。
しかし一方でクレジットカードを使いすぎてしまい、自己破産した…という例もあります。

このようにクレジットカードは諸刃の剣なのです。
しかしクレジットカードがネガティブな結果をもたらす場合の多くは、日常的な無駄使いに原因があります。
そのため家計簿とあわせて利用することで、クレジットカードのリスクを減らし、お得な側面のみを享受することができるのです。
また節約の効果もあり、月10,000円以上を浮かせることも可能です。

無駄使いの原因は厳禁を支払うことへの意識が薄くなる点にある

クレジットカードが無駄遣いを誘発する原因は、結局のところ「現金を渡さないため、資産を消費している感覚が薄くなる」点にあります。
また、そうして築いたクレジットカードの負債について、安易に分割払いリボ払いを選択してしまう点です。

つまりそもそもの無駄遣いを防ぐことができれば、分割払いなどで金利を支払う必要もないわけです。
例えば、枠が100万円のクレジットカードを有している場合であっても、100万円の高級家具を購入する際は頭の中で大きなブレーキが働くでしょう。

一方で1,000円の買い物をすることには大きなブレーキは働きません。
そして、それを1,000回くりかえすと負債は100万円になります。
カードの枠は収入に応じて設けられるため、よほどの大金持ちでない場合は、こうした意識を持っておく必要があるのです。

日常的な消費の「見える化」が家計簿

クレジットカードの多くは紙媒体もしくはWEBで明細を見ることができます。
しかし、ものぐさな人はいちいち明細をチェックしません。
そこで結局は家計簿が効果的なのです。

またクレジットカードの消費を家計簿につける場合はレシートがなくとも、前述した明細があるため手間はほとんどかかりません。
クレジットカードのポイントで得をしたいのであれば、無駄使いを減らす取組が必要です。

家計簿をつけて消費を見える化すると、それだけで毎月10,000円以上節約できる場合もあるほどです。

まとめ
以上のようにクレジットカードは使いようによってはリスクがありますが、一方で家計簿とあわせて賢く使うことができると大変に便利です。

あなたも明細と家計簿を使って、消費の見える化に取り組みましょう。