喫煙からストレスまで!高血圧の原因を知って対処していこう

高血圧の原因である食塩

高血圧の原因は様々

早期の対処が命を救う
高血圧は単に血圧が高い状態を示す言葉ですが、放置することで重大な病につながる恐れを有しています。

そのため高血圧の状態にあることを知った場合は、早期に治療を開始する必要があるのです。
また、そもそも高血圧の状態にしないことも重要で、そのためには予防の観点が重要となります。

そして高血圧を予防するためには、原因を知ることが大切です。
そして高血圧の原因に即した対策をもって予防していくのです。
すべての病気は発症してから治療するのではなく、予防することが肝心です。
あなたも高血圧の原因を知り、予防に活かしてください。

様々な高血圧の原因

それでは早速、高血圧の原因について解説していきます。
一般的に以下の5つは高血圧につながる大きな原因であるといわれています。

高血圧の5つの原因

  1. 食塩の過剰摂取
  2. 肥満
  3. ストレス
  4. 喫煙
  5. 飲酒

食塩の過剰摂取については、血中のナトリウムが増えることで、濃度調節のために血管内の水分も増えることから高血圧に結び付きます。
つまり時間あたりに血管中を流れる分量が多くなるのですね。
そうなると当然に血管にかかる圧力も高くなります。

肥満の状態になると、心臓から全身に送られる血液量が増加します。
つまり高血圧となります。続いてストレスですが、私たち人間はストレスを感じると自然と血管が収縮します。
つまり血液の通り道が通常よりも細くなってしまうのです。
そこに通常通りの血液量が流れるのですから、当然に高血圧となります。

喫煙についても同様で、ニコチンが血管を収縮させるため高血圧につながります。
また過度の飲酒も同じ効果をもって高血圧に原因となります。

このように高血圧の原因は大きく5つに分けることができます。
そして、いずれも毎日の生活の中で対処していくことができるものだとわかるでしょう。
もちろん2~3日食事の塩分量を減らしただけで高血圧を改善することはできませんが、こうした原因に即して生活習慣を変えることで高血圧の状態を解消することは不可能ではないのです。

まとめ
高血圧の原因は毎日の中に潜んでいます。そのため生活習慣を整えることは、それだけで高血圧の予防につながるのです。このように原因を知ることで予防方法を推測することができます。
あなたも原因に即して毎日の生活を振り返り、改善すべき点を見つけていってください。
高血圧の検査診断

血圧測定と問診から原因を特定!高血圧の検査診断について