動脈硬化が大きな原因!大動脈瘤が進行するメカニズム

大動脈瘤の原因・高血圧イメージ

動脈硬化に気を付けよう

血管年齢の衰えにも注意しよう
大動脈瘤の原因は動脈の衰えにあります。つまり動脈硬化大動脈瘤を引き起こす要因となるのです。

そもそも動脈硬化とは、血管が柔軟性を失い、破れやすくなっているものです。
つまり動脈硬化が進行すると、いずれ大動脈瘤に繋がる恐れがあるのですね。
このことから大動脈瘤の原因は動脈硬化の進行であるということができます。

また死の危険のある大動脈瘤を予防するためには、動脈硬化を予防していく必要があるのです。
あなたも動脈硬化が進行して大動脈瘤につながるメカニズムを理解して、その予防に努めましょう。

動脈硬化とは

動脈硬化とは、血管が加齢などの原因で衰えていき、血管が狭くなったり、血管が破れやすくなったりする状態を指します。
そして、これは特別な原因がなくとも加齢により進行していくものでもあります。
つまり普通に生活していくだけで、血管は衰えていくいのですね。

しかし以下のような要因があると動脈硬化はさらに進行を早めます。

動脈硬化を進行させる要因
  • 喫煙
  • ストレス
  • 資質や油分の多い食事
  • 睡眠不足
  • 肥満
  • 高血圧
  • 高脂血症

つまり毎日の生活の中に動脈硬化を進行させる要因が数多く存在しているのです。
特に注意すべきは、喫煙、ストレス、睡眠不足、肥満となります。
これらはそのまま高血圧の原因ともなるので、根本的なところに気を付けていくことが動脈硬化を防ぐことにつながります。

動脈硬化の原因を取り除き、大動脈瘤を予防

ここまで説明したとおり、大動脈瘤は日常的な要因により進行する恐れがあります。
そして進行する際も特に痛みを伴わない場合があり、気づいたら大動脈瘤が破裂して死に至るのです。
こうした恐ろしい事態を避けるためには、毎日の生活から要因を取り除いていくしかありません。

具体的に以下に注意しつつ生活を送りましょう。

大動脈瘤にならないようにするポイント
  • 脂質と油分の少ない食生活を意識する
  • 野菜、海藻類、豆類を食生活の中心にする
  • しっかりと眠る
  • ストレス解消方法を見つけ、定期的に実践する
  • 禁煙
  • 週に2~3回の運動をする

こうしたシンプルな生活を心がけるだけでも、血管の状態悪化を防ぐことができます。

まとめ
以上のように大動脈瘤の原因は動脈硬化にあります。動脈硬化は加齢とともに進むものであはりますが、毎日の生活の中で食事、睡眠、ストレス、運動習慣の確保、禁煙に注意することで血管の寿命を延ばすことができます。

可能ならばCTとMRIを!大動脈瘤の検査診断方法

2019.05.17