前兆を感じられたら幸運!突然の激痛がぎっくり腰の症状

若い女性ぎっくり腰イメージ

歩けなくなるほどの痛み

とにかく痛い
ぎっくり腰は西洋では「魔女の一撃」と呼ばれています。

まさに魔法で腰を砕かれたように、前触れなく突然に腰に激痛が走るのが理由です。
そのためぎっくり腰を予兆して、未然に防ぐということは難しいのが現実です。

つまりぎっくり腰は予兆が発生する以前から、日々の生活の中で予防していくことが求められます。
ぎっくり腰の症状を知り、あなたも予防の大切さを深く理解していきましょう。

「魔女の一撃」

ぎっくり腰を経験したことのある人ならば「魔女の一撃」という表現は大いに納得するところでしょう。
それほど急激な激痛に襲われるのがぎっくり腰なのです。

激痛は以下のような場合によく起こります。

ぎっくり腰になるタイミング
  • 腰をかがめたとき
  • 重いものを持とうとしたとき

つまり腰を折り曲げた瞬間に激痛に襲われることが多いのです。
それこそ靴下をはこうとした際にぎっくり腰になるというのも典型的な例です。
ぎっくり腰の原因としては、椎間板、骨、筋肉が挙げられますが、腰の動作によってそれらに過度の負担がかかるとぎっくり腰となるります。

デスクワークの際は午前中と昼過ぎに注意

このようにぎっくり腰は腰を構成する部位の柔軟性が失われていることと大きく関係しています。
そのためデスクワークに従事している場合は、体の反応と柔軟性が鈍っている時間帯に注意する必要があります。

特に症状が起こりやすいのが午前中と昼食後です。
昼食後は満腹感と眠気もあり、ついつい気が緩んでしまいますが、そういったタイミングでぎっくり腰が起こるのです。

経験者の中には稀に前兆を感じ取る人がいる

ぎっくり腰は魔女の一撃と呼ばれているほどなので、原則として前兆や予兆のようなものはありません。
これは初めてぎっくり腰になる人であっても、ぎっくり腰がクセになっている人でも変わらないのです。

しかし、稀にぎっくり腰経験者の中には激痛の予兆や前兆を感じ取ることのできる人がいます。
腰がつっぱったり、筋肉が硬直するような感覚です。
そういったものを感じ取ることができると、ぎっくり腰を回避できる可能性が高まります。

しかし前兆を感じ取ってから回避するよりも、普段の生活の中でストレッチと運動をして、腰の柔軟性を確保してぎっくり腰を予防した方が良いのは言うまでもありません。

まとめ
以上のようにぎっくり腰は「魔女の一撃」と呼ばれるほど突然に激痛に襲われるものです。またデスクワークをしている際は午前中と昼食後にとくに注意する必要があります。

原則としてぎっくり腰の前兆を感じることはできないため、あなたは日頃の生活に運動を取り入れることでぎっくり腰を予防していきましょう。

椎間板、骨、筋肉!ぎっくり腰の3つの原因を知ろう

2019.02.24