前兆がある!?片頭痛の症状は単なる頭部の痛みのみではない

片頭痛の症状イメージ

前兆のある片頭痛と前兆のない片頭痛

自らの痛みをよく知ろう
片頭痛は非常につらいものです。

片頭痛は前触れもなくやって来て、一度発症すると体を動かすことも難しいような強い痛みに襲われる場合があるためです。
しかし片頭痛の中には前兆を持つものもあります。

そして、この前兆こそ片頭痛と上手に付き合っていくためのポイントでもあるのです。
あなたも自らの頭痛を正確に把握し、日常生活に支障をきたすことがないように改善していきましょう。

頭痛の前兆

片頭痛には前兆があるものもあります。
前兆の具体例は以下のとおりです。

片頭痛の前兆
  1. 視界の一部が暗くなる
  2. 視界の中にチカチカとまたたく光が見える
  3. 吐き気を感じる

これらの前兆を持つ片頭痛は全体の20~30%といわれています。
しかし、前兆を疲れのせいにしてしまい、前兆として理解されていない場合も少なくありません。
もしかすると、あなたの片頭痛にも前兆があるかもしれないのです。
そのため片頭痛が起きる場合について、正確に把握していくことが求められます。

仮に前兆から片頭痛を見抜くことができれば、それだけで安静にするなどの選択肢をとることができるためです。
あなたの片頭痛に前兆があるか否か確認してみてください。

片頭痛の痛み

片頭痛の痛みは特徴的で、以下のようなものであることが多いです。

片頭痛の痛みの特徴
  • ズキンズキンと脈拍に合わせて痛む
  • 痛みの持続時間は3時間~72時間ほど
  • 頭の片側のみに表れることもある
  • 両側に表れることもある
  • 痛みの程度は中程度

最大の特徴はやはり脈拍に合わせて中程度の痛みがズキンズキンと起こることです。
片頭痛の経験があるならば、文字だけで簡単にイメージできる痛みの起こり方でしょう。

痛みの程度は中程度と書いていますが、もちろんより激しい痛みに苦しむ人もいます。
そのため片頭痛については、安易に放置せず早期に適した治療を開始していく必要があります。

まとめ
以上のように、片頭痛には前兆のあるものとないものがあります。また前兆があるにもかかわらず、気づいていないだけという場合もあります。そのため、あなたが片頭痛を感じた際は是非とも前兆があったか否かを確認してみてください。

また痛みの特徴は脈拍に合わせてズキンズキンとしたものがあることです。痛みは中程度であることが多いですが、中には激しい痛みから立ちあがることすらできない場合もあるため、片頭痛だからと放置することは避けるべきです。

実に様々な原因があることに注意!片頭痛は簡単に理解できるものではない

2019.02.24