まずは薬物治療!重度の場合は外科手術!狭心症に対する3つの治療

錠剤

薬物治療と画家手術がある

狭心症は危険な病気
狭心症が進行するといずれは心筋梗塞に繋がる恐れがあります。

そのため狭心症は場合によっては命の危険がある病気なのです。
つまり狭心症を発見した場合は早期に治療を開始する必要があります。
しかし治療と言っても数種類があるため、具体的な方法は医師の診察を受けた上で決定していくことになります。

しかしあなた自身が狭心症の治療方法について知識を得ておくことで、セカンドオピニオンの必要性について判断する要素を手に入れることができます。
実際に治療を施すのは医師ですが、知識はあなたの得ておくべきでしょう。

薬物治療

薬物治療狭心症についての治療方法の中では体への負担が決して大きくないものです。
薬物治療においては、以下の2つの薬を使うことが多くなっています。

2つの薬物療法
  1. 抗血小板剤
  2. 抗凝固剤

どちらも血液をさらさらにして、血管内を流れやすくするために使われる薬となっています。また血液をさらさらにするだけでなく、冠動脈自体を広げる効果のある薬が使われることもあります。しかしながら薬による治療は根本的な原因の解決に繋がらないことも多く、薬物治療と並行して生活習慣の改善にも着手する必要があるでしょう。

外科的治療

薬による治療では間に合わないほどに狭心症の状態が重篤な場合は、外科的治療を利用していくこととなります。
外科的手法としては以下の2つが代表的です。

2つの外科的治療法
  1. 冠動脈カテーテル手術
  2. 冠動脈バイパス手術

どちらも手術であるため体への負担は決して小さくありませんが、冠動脈の状態を直接的に改善することができるものです。

冠動脈カテーテル手術

冠動脈カテーテル手術とは、狭くなって血液の流れが悪くなっている状態の冠動脈に細い管であるカテーテルを通すことで、血液の流れを確保しようとするものです。
冠動脈にカテーテルを通すことで、物理的に血液の流れ道が確保されるため、狭心症の状態を大きく改善することができます。

また冠動脈カテーテル手術胸を切り開く必要がないため、冠動脈バイパス手術と比較すると体への負担は小さいということができます。

冠動脈バイパス手術

冠動脈バイパス手術は、冠動脈とは別に血液の通り道を作り出す手術です。
つまり動脈硬化が進行している冠動脈を廃棄して、人工物を用いて新しい冠動脈を作るのです。
そのため、手術によって狭心症の状態が改善されます。

このような冠動脈バイパス手術狭心症の治療に高い効果を発揮しますが、胸を切り開いて行われる手術であるため体への負担は大きくなります。

まとめ
以上のように狭心症の治療には薬物治療と外科手術があります。外科手術については、最悪の場合は冠動脈バイパス手術が必要となるところに狭心症の恐ろしさが表れています。

あなたも治療について適切な知識を頭に入れて、セカンドオピニオンに活かしていきましょう。

誰でもなる恐れあり!心筋梗塞を特徴を知って備えあれば患いなし

2019.02.01