ふるさと納税の支払い!クレジットカードで効率的にポイントをためる方法

ふるさと納税カード決済イメージ

ふるさと納税の支払いはクレジットカードで決まり

ふるさと納税ほどお得なものはない
昨今話題のふるさと納税は、寄付限度額の範囲内であれば、実質2,000円で様々な返礼品を手に入れることのできるものです。

しかし寄付金額自体は2,000円ではありません。
例えば30,000円の寄付を行った場合、28,000円が将来のあなたの所得税もしくは住民税から控除がなされるのです。
これによって「実質2,000円で返礼品を手に入れる」ことができます。

このようなふるさと納税の支払いはクレジットカードで行うのが非常にお得なのです。
寄付上限額によっては、それだけで数百~数千ポイントをためることも不可能ではありません。

ただでさえお得なふるさと納税

はじめにふるさと納税の仕組みを簡単に確認しましょう。
冒頭でも触れましたが、ふるさと納税は寄附上限額にさえ注意すれば、実質2,000円で返礼品を手に入れることができます。
寄付上限額は、あなたの年収、家族構成などによって変わりますが、年収400万円で独身の場合は40,000円程度となります。

そしてふるさと納税の返礼品の還元率は、寄付額の3割程度が望ましいと政府よりお達しが出ています。
しかしそうであっても、40,000円の3割である12,000円程度の品を実質2,000円で手に入れることができるのです。

ふるさと納税はこのようにそもそも制度としてお得なものです。
そんなふるさと納税をさらにお得に利用するのがクレジットカードというわけです。

寄付額をクレジットカードで支払おう

ふるさと納税は一時的に寄附額の全額を支払い、将来において控除を受けることで「実質2,000円」を実現するものです。
つまり、はじめの支払いが2,000円ではなく数万円にのぼることがあるのです。

つまりこれをクレジットカードで支払うと、数万円分のポイントが貯まるというわけです。
それこそ所得の高い人であれば、100,000円以上をクレジットカードで支払い、それに応じたポイントを得ることができます。

ただし自治体の中にはクレジットカード払いに対応していないところもあるため、あなたがふるさと納税の寄付先を選ぶ際はクレジットカード払いができるか否かを一つの基準としてみることをおすすめします。

まとめ
以上のようにふるさと納税はただでさえお得な制度ですが、クレジットカードとあわせて使うことで更に得をすることができるのです。

あなたも様々な返礼品と寄付額に応じたポイントの両取りを目指していきましょう。ただし寄付上限額を超えた金額については将来的な控除ができないため、注意しておいてください。