すぐに会社に連絡!クレジットカードの引き落としに遅れた場合の対処法

クレジットカード引き落としイメージ

うっかりが招く恐怖の入金忘れ

入金が遅れても冷静に対処
引き落とし日や引き落とし口座を勘違いして、ついついクレジットカードの引き落としに対する入金が遅れることがあります。

気づいたとき、ゾッと全身に冷や汗が流れるでしょう。
しかし、入金が遅れた場合であっても1日程度であれば、それほど大きな問題にはなりません。
冷静に対処することで、すぐにカバーすることができます。

以下では入金が遅れた際の対処法と、二度と入金遅れを発生させないための注意点を解説します。

入金が遅れた場合は、まず連絡

口座残高の調整ミスにより、クレジットカードの引き落としができなかった場合、まずはカード会社に連絡することが重要です。
それこそ当日であれば、入金することですぐに引き落としがかかる場合もありますが、それには銀行の業務もかかわってくるため、やはりまずはカード会社に連絡しましょう。

そこでカード会社が提示する方法に従い、引き落としができなかった分を支払うこととなります。
当日中の振込であれば、当日決済とみなされることも少なくありません。支払いの方法は主に以下のものがあります。

  • 再引き落とし
  • 銀行振込

再引き落としがあるか否かはカード会社にもよるので、ない場合は銀行振り込みでなるべく早く入金してしまうのがおすすめです。
もちろん手数料はかかりますが、それは遅れた分の損失として素直に支払ってしまいましょう。
一般的に当日払い、翌日払いができれば、個人信用情報機関遅延情報が残ることはありません。

ただしカード会社には一度目の引き落としができなかった記録が残ります。
これは仕方のないことです。

口座は一つに統一しておく

このように1日程度の遅延であれば、カード会社に情報が残ることを除けばそれほどの大事態にはなりません。
そのため入金遅れには迅速に対応するようにしましょう。
放置したまま数日が経過すると、それこそ信用情報に傷がつく恐れがあります。

また入金遅れを発生させてしまった場合は、二度と同じことを繰り返さないための対策が必要となります。
もちろん前日までに入金する心がけも大切ですが、複数の口座で複数のカードを支払っている場合は口座を統一することがポイントです。

これまで引っ越しを繰り返してきたような場合、過去に使っていた口座がどんどん増えていきますが、現在使っている口座に統一することで入金する講座を誤るというミスをなくすことができます。
手続きはインターネットからできる場合もあるため、早めに着手しましょう。

まとめ
以上のように、クレジットカードの引き落としに対する入金忘れが発生した場合は、何よりも先にカード会社に連絡することが重要です。そのうえで、カード会社の指示に従う形で入金を行いましょう。おすすめは、手数料がかかっても気づいた日のうちに振込で済ませてしまう方法です。

旅行に行くならお得!アメックスのグリーンカードとゴールドカードの比較

2019.01.21